NFT

【完全版】コインチェック(Coincheck)でNFT売買【出品・購入の方法】

nftに興味がある人
nftに興味がある人
コインチェック(Coincheck)っていう国内の仮想通貨取引所でNFTの売買ができるって聞いたんだけどほんと?やり方を教えて欲しいな。

最近は著名人もNFTを売買しているのをみて、NFTに興味を持つ人も少なくないと思います。

しかし、海外の仮想通貨取引所やサービスを使うのは不安だから、できれば国内で安心できるサービスを利用したいって人もいるのではないでしょうか。

そんな中、国内で最大級の取引所であるコインチェック(Coincheck)が、「Coincheck NFT(β版)」というNFTマーケットも運営しています。

そこで、今回はこの「Coincheck NFT(β版)」とは何なのか?どうやってNFTを売買するのか?について紹介していきます!

著者のプロフィール著者のプロフィール

それでは早速ですが、みていきましょう!

コインチェックのNFTマーケット『Coincheck NFT(β版)』とは?

『Coincheck NFT(β版)』とは、国内の仮想通貨取引所が運営する初のNFTマーケットプレイスです。

シロウ
シロウ
国内のマーケットプレイス自体は他にもいくつかあるけどね!

OpenSeaなど海外のNFTマーケットプレイスは、規模が大きいもののネットワーク手数料である「ガス代」が高騰していると数万円かかることなどが問題視されています。

しかし、Coincheck NFT(β版)では、NFTの売買においては、ガス代が一切かかりません。

コインチェック(Coincheck)の口座を持っている人なら、だれでもNFTの売買を行うことができます。

コインチェックのNFTマーケット『Coincheck NFT(β版)』の特徴

Coincheck NFT(β版)の特徴は次の通りです。

特徴
  1. 出品・購入にネットワーク手数料である「ガス代」がかからない
  2. ゲーム系NFTの売買をすることができる

順に説明していきます。

出品・購入にネットワーク手数料である「ガス代」がかからない

Coincheck NFT(β版)では、NFTを出品や購入する際にガス代が一切かかりません。

例えば、OpenSeaという海外のNFTマーケットプレイスを利用すると、NFTを購入するためにはガス代と呼ばれるネットワーク手数料を支払う必要があります。

このガス代はネットワークの利用状況により変動するのですが、高い場合だと2万円以上することもあります。

シロウ
シロウ
NFTの価格とは別に2万円も支払うとか、普通じゃ無理、、、、

ただ、その点コインチェックのNFTマーケットプレイスは、コインチェック内でNFTの売買が完結するため、ガス代が不要となっています。

他のNFTマーケットプレイスでNFTを購入するより、実質数万円お得に購入できるということです!

ゲーム系NFTの売買をすることができる

現在のコインチェックのNFTマーケットプレイスでは、

  • The Sandbox
  • CryptoSpells
  • NFTトレカ
  • Sorare
  • Meebits

などのゲームタイトルのNFTを売買することができます。

2021年2月にサービスを開始したときは「The Sandbox」と「CryptoSpells」のみだったことを考えると、少し増えていますね。

Coincheck NFTを使うための事前準備

Coincheck NFTを利用するためには、事前に用意すべきものがあります。

  • Coincheckの口座
  • MetaMask
  • イーサリアム(ETH)

順に説明していきます。

必要なもの①:Coincheck(コインチェック)の口座

Coincheck NFT(β版)を利用するためには、コインチェック(Coincheck)口座が必要になります。

そのため、まだコインチェック(Coincheck)の口座を作っていない人は作ってください。

作業自体は5分もあれば、終わります。

シロウ
シロウ
本人確認も当日か翌日には承認されることが多いです!

>>>コインチェック(Coincheck)公式サイト 

必要なもの②:MetaMask(メタマスク)

続いては、GoogleChromeの拡張機能である「MetaMask(メタマスク)」をインストールする必要があります。

MetaMaskは仮想通貨やNFTを管理してくれる、いわば財布のようなものです。

シロウ
シロウ
コインチェックで購入したNFTをメタマスクに送ることで、ゲームで購入したNFTを利用することができるよ!

つまり、MetaMaskがなければ、Coincheck NFT(β版)でNFTを購入しても、ゲームで利用することができません。

ということで、MetaMaskは必ずインストールしておきましょう。

必要なもの③:イーサリアム(ETH)

最後に必要なものがイーサリアム(ETH)という仮想通貨です。

イーサリアム(ETH)は、NFTの入庫・出庫時に使います。

そのため、コインチェックでイーサリアムを購入しておく必要があります。

コインチェックでの仮想通貨の購入方法は下記記事がわかりやすいですので、参考にしてみてください。

>>> CoinChcekでイーサリアム(ETH)を購入する方法

コインチェックのNFTマーケット『Coincheck NFT(β版)』でNFTの購入する方法

それでは、実際にコインチェックでNFTを購入していきましょう。

購入方法はとても簡単です。

Coincheck NFT(β版)で購入したいNFTを選ぶ

まずは「Coincheck NFT(β版)」へアクセスして、購入したいNFTを選択します。

選択したら下記のような画面になります。

「購入確認」をクリックして購入する

あとは「購入確認」というボタンをクリックすればNFTを購入することができます。

びっくりするぐらい簡単ですね。

購入したNFTをゲームで使うために出庫する

購入したNFTをゲームで使用するためには出庫する(メタマスクへ送る)必要があります。

ということで、実際に出庫していきましょう。

NFTをCoincheck NFT(β版)から出庫する
  1. マイページへアクセス
  2. 出庫したいNFTを選択
  3. 出庫先(MetaMaskのアドレス)を登録する
  4. 「出庫」をクリックする

これで終わりです。

 

出庫の際はネットワークの利用状況に応じて、ETHが必要なので、注意してください!

コインチェックのNFTマーケット『Coincheck NFT(β版)』でNFTを出品する方法

続いてはCoincheck NFT(β版)でNFTを出品する方法を紹介します。

出品したいNFTを入庫する

おそらく出品したいと思っているNFTはMetaMaskに入っているはずです。

そのため、MetaMaskからCoincheckへと「入庫」という作業をする必要があります。

入庫①:MetaMaskと連携

まずはマイページへアクセスします。

そして、MetaMaskをインストールしているはずなので、「MetaMaskから入庫」をクリックします。

入庫②:コインチェックNFT(β版)に入庫する

下記画面になったら「入庫するNFT(ゲームのタイトル)」とTokenIDを入力します。

NFTを出品する

あとは、マイページの入庫済みNFTから、出品したい商品をクリックすればOKです。

「受け取れる通貨」と「出品金額」を入力して、出品しましょう!

コインチェックのNFTマーケット『Coincheck NFT(β版)』のまとめ

今回は『Coincheck NFT(β版)』の出品方法・購入方法について説明しました。

今はまだ取り扱っているNFT少ない『Coincheck NFT(β版)』ですが、これからもっと増えていくと思います。

人気のNFTとなると、開始数分で売り切れることもあるため、いつでも『Coincheck NFT(β版)』を利用できる準備はしておくのが良いです。

ということで、今回はこれにて終わりです。

お疲れ様でした。(*´ω`*)ノ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。