PHP/Laravel

【保存版】Laravel6で使用するコマンド一覧

こんにちは、シロウ(@shiro_life0)です。

LaravelでWebアプリの開発をしていると「あれ?コマンド忘れちゃった・・・」ってことがよくありますよね。(僕だけかも)

そこで、今回はLaravelで使うコマンドを忘れてもすぐ見返せるようにまとめてしまいます。

ぜひ、皆さんもLaravelで開発する際は利用してください。(ブックマークに保存しておいて、Laravelで開発する時は常に開いておくと便利かも(*・ω・)ノ)

Laravelコマンド一覧

バンバン見ていきましょう。

Laravelのコマンドを確認

Laravelにどんなコマンドがあるのか確認できます。
知らないコマンドも沢山あるので、いずれは全部知りたい。

php artisan list

コマンドの利用方法の確認

コマンドの利用方法・使えるオプションとかを確認することが出来ます。
使い方は英語で表記されるので、これならググった方が早いかも。

php artisan help 確認したいコマンド

バージョン(version)確認

今使っているLaravelのバージョンを確認できます。

php artisan --version

Route(ルート)の確認

設定しているRouteの一覧を確認できます。

php artisan route:list

Model(モデル)の作成

php artisan make:model モデル名

Controller(コントローラー)の作成

「–resource」をつけるとRESTfulのコントローラーが生成される。

php artisan make:controller コントローラー名 --resource

フォルダを指定してController(コントローラー)の作成

php artisan make:controller フォルダ名/コントローラー名

マイグレーションの実行状況を確認

php artisan migrate:status

マイグレーションファイル(テーブル)の作成

「–create=オプション」を付けることでテーブルを作成する。

php artisan make:migration マイグレーションファイル名 --create=テーブル名

マイグレーションファイル(カラムの追加)を作成

既存のテーブルにカラムを追加したい時は「–table=オプション」を使う。

php artisan make:migration マイグレーションファイル名 --table=カラムを追加するテーブル名

マイグレーションファイルの実行

php artisan migrate

マイグレーションファイルの再実行

適宜、用途に合わせて使います。
よく使うのは「rollback」。「refresh」はシーダーと組み合わせると便利。「reset」は使ったことない。

//実行する度に1つ前のマイグレーションを戻す。
php artisan migrate:rollback 

//全てのマイグレーション戻す
php artisan migrate:reset

//全てのマイグレーションを戻して、再実行する
php artisan migrate:refresh

//最新の状態に戻した後、データベースに再度シーディングをかける
php artisan migrate:refresh --seed

Seeder(シーダー)の作成

php artisan make:seeder シーダー名

Seeder(シーダー)の実行

php artisan db:seed

Laravelのサーバーを起動

デフォルトだとport8000になっている。

php artisan serve

Laravelのサーバーを起動(host,portを指定する)

php artisan serve --host=127.0.0.1 --port=8000

対話型コンソール(デバックに使う)

デバックでたまに使うやつです。

php artisan tinker

ざっとまとめてみるとこんなものでしょうか・・・

まだもう少しコマンドは存在しますが、使ったことがないので割愛します。

興味のある方は「php artisan list」で確認してみてください。

とりあえず、これでさらにLaravelの開発が捗りそうです(*´ω`*)ノ

それではまた(*・ω・)ノ