仮想通貨取引所

【完全版】MetaMask(メタマスク)のインストール方法・使い方・入出金のやり方

MetaMaskの使い方を知りたい人
MetaMaskの使い方を知りたい人
MetaMaskってどうやって使えばいいの?ってか、そもそもMetaMaskってなに?
シロウ
シロウ
MetaMaskは仮想通貨を入れる財布みたいなものだよ!詳しく説明するね!

MetaMaskは海外の仮想通貨関連のサービスを利用するには欠かせないツールです。

・NFT
・ブロック・チェーン・ゲーム(NFTゲーム)
・Defi(パンケーキスワップ / ユニスワップ)

などを始めてみたい場合は、MetaMaskがほぼ必須となってきます。

でも、そもそもMetaMaskとはどのようなもので、どうやって使うのかとか、初心者にはサッパリわかりませんよね。

そこで、この記事では、下記の内容をお伝えします。

【本記事の内容】

  • MetaMask(メタマスク)とは?
  • MetaMask(メタマスク)のインストール方法
  • MetaMask(メタマスク)の使い方(入金・出金 / 送金)

とりあえず、MetaMask(メタマスク)についてわからないことがあれば、こちらの記事を見てくださいってことで!笑

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMask(メタマスク)とは、暗号資産(仮想通貨)を管理することができるウォレットと呼ばれるサービスです。

「Google chromeの拡張機能」と「モバイルアプリ」の2つで利用することができます。

シロウ
シロウ
ウォレットは日本語に訳すと「財布」という意味ですね。

この文字通り、MetaMaskは「仮想通貨の財布」のような役割を果たしてくれます。

シロウ
シロウ
この記事では、拡張機能版のMetaMask(メタマスク)について説明していきます!

なんでMetaMaskを使うの?

MetaMaskをより理解するためには「なぜMetaMaskを使うのか」を考えると簡単です。

僕たちみたいな一般ユーザーがMetaMaskを利用する最大の理由は『他のサービスを利用するときのアカウント作成・決済として利用するから』です。

主に仮想通貨系のサービス(例:OpenSeaやNFTゲーム)MetaMask自体がサービスのアカウントになります。

シロウ
シロウ
つまり、自分がMetaMaskにログインしていれば、仮想通貨系のサービスにもログインできるってことになります。

今までなら「メールアドレスとパスワードを入力して、ログイン…」って感じだったのが、MetaMaskにログインしていれば、MetaMaskとサービスを接続するだけでログイン可能ということです。

逆に言えば、MetaMaskにログインしていないと、自分のアカウントにログインすることができません。

また先ほど説明した通り、MetaMaskは「仮想通貨の財布」なので、MetaMaskに入っている仮想通貨で支払いを行うことができます。

このようにMetaMaskがないと仮想通貨関連のサービスで「アカウントの作成・ログイン」・「仮想通貨での支払い」などが出来ないわけです。

シロウ
シロウ
逆に言えば、仮想通貨の売買だけで利益を出していきたいって人は、取引所さえあれば出来るので、MetaMaskを利用する必要はありません。

MetaMask(メタマスク)はパソコンが必要?

MetaMaskには「Google Chrome版」と「モバイルアプリ版」の2つがあります。

そのため、モバイルアプリ版を利用すれば、パソコンは必要ありません。

ただ、MetaMaskの利用自体はスマホで出来ても「利用したいサービスがスマホに対応していない」というパターンはよくあります。

そのため、どうせやるならパソコンで始めておいた方が後々楽だと思います。(後からパソコン版にアカウントをインポートすることは出来ますけど。。。)

 

MetaMaskのインストール方法・使い方

それではMetaMaskのインストール方法を紹介していきます。

MetaMaskのインストール自体は凄く簡単なので、一緒にやっていきましょう。

使い方①:メタマスクをGoogle Chromeの拡張機能に追加する

まずは「こちら」からMetaMask(メタマスク)のインストールへいきます。

「追加」をクリックして、MetaMaskをGoogleChromeの拡張機能に追加してください。

使い方②:メタマスクを起動する

画面右上に下記のような狐マークが表示されると思います。

これがMetaMaskのアイコンになります。

こちらをクリックして、MetaMaskを起動してください。

使い方③:ウォレット(アカウント)を作成する

ここからはMetaMaskのウォレット(アカウント)を作成していきます。

下記画面になると思うので、「開始」をクリックします。

次に「ウォレットの作成」をクリックして登録を進めます。

パスワードの設定などを求められるので、入力して、進めてください。

使い方④:「秘密のバックアップフレーズ」を確認・入力する

最後に「秘密のバックアップフレーズ」というものを確認・入力することになります。

このときに注意しなければならないのが『このバックアップフレーズは絶対に無くさない・他人に知らせない』を徹底することです。

このバックアップフレーズを他人に知られてしまうと、自分のMetaMaskアカウントを乗っ取られる。つまり、資産を全部抜かれることもあります。

シロウ
シロウ
基本的に知らない人から「バックアップフレーズを教えて」と連絡がきたら120%詐欺だと思っておくと良いです!

また、この秘密フレーズをなくしてしまうと、MetaMaskのアカウントを復元できなくなります。

「運営に問い合わせて復元してもらう〜」とかもありません。絶対に復元不可能となります。

なので、PCがハッキングされるリスクも考えて、出来るだけ手元のメモ用紙などにメモってオフラインで保存しておくのが良いです。

大切に大切に保管してください!

MetaMaskへの入金方法

続いては、MetaMaskへの入金方法について説明します。

入金①:国内取引所で仮想通貨を購入する

まずは国内取引所で仮想通貨を購入します。(既に海外取引所に仮想通貨がある場合は、そちらから送金もできます。)

ただ、海外取引所では日本円の入金がクレジットカードでしか出来ません。

そのため、基本的に「国内取引所→(必要があれば海外取引所)→メタマスク」が一般的です。

そのため、国内取引所の口座を持っていないという人は、早速作っておきましょう。

僕はコインチェック を利用しているので、安全・安定性を求める方はコインチェックで良いと思います。(あと口座開設が最短翌日なのが良いです。笑)

>>> コインチェック公式サイト

入金②:MetaMaskのアドレスをコピーする

次にMetaMaskのアドレスをコピーします。

このアドレスに仮想通貨を送金することになります。

右上の狐アイコンをクリックして、名前の下に出てきたのがアドレスです。

クリックして、コピーしてあげてください。

シロウ
シロウ
このアドレスというのは、銀行でいう口座番号みたいなものです!

入金③:国内取引所からMetaMaskに送金する

あとは、先ほどコピーしたアドレスに国内取引所から購入した仮想通貨(暗号資産)を送金してあげればいいだけです。

取引所によって、仮想通貨の送金方法・手数料が微妙に違うので、各自確認してみてください。

コインチェックからメタマスクに送金する場合は、下記を参考にしてみてください。

【完全版】コインチェックからメタマスクへイーサリアムを送金する方法 この記事を読んでいる人は、上記のように「Coincheck(コインチェック)からMetaMask(メタマスク)にETH(イーサリ...

MetaMaskからの出金 / 送金方法

次にMetaMaskから仮想通貨(暗号資産)の出金 / 送金方法を紹介します。

出金①:MetaMaskの送金をクリック

まずはMetaMaskを起動して「送金」をクリックします。

出金②:送金先のアドレスを入力

次にアドレスの入力画面が表示されるので、送金先のアドレス(口座番号)を入力します。

出金③:送金したい通貨・量を選択

あとは、送金したい通貨・量を選択すればOK

「次へ」を押した後は、手順に従って、ガス代(送金手数料)などを支払うことで、仮想通貨(暗号資産)を送金することができます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。