NFT

【スマホOK】OpenSeaでNFTの送り方・送付履歴の確認方法

  • NFTってどうやって送ることができるの?
  • OpenSeaからNFTを送る方法は?
  • NFTを送った履歴はどこで確認できる?

この記事では、上記の疑問にお答えしていきます。

NFTを送りたい時は、OpenSea(オープンシー)というNFTマーケットプレイスを利用すれば可能です。

今回は画像で丁寧にNFTの送り方・送った履歴の確認方法について紹介していきます。

シロウ
シロウ
注意点も説明するので、ぜひ最後までご覧ください(*・ω・)ノ

ということで、それでは早速みていきましょう。

Opensea(オープンシー)でNFTの送り方(プレゼント方法)

OpenSea(オープンシー)からNFTを送る方法は簡単で、以下のステップでOKです。

NFTを送る方法
  1. 相手(送り先)のアドレスを確認・コピーする
  2. 送るNFTを選択し、「Transfer」をクリック
  3. 相手(送り先)のアドレスを記入する
  4. ガス代を確認する
  5. NFTを送る

それでは順に説明していきます。

手順①:相手(送り先)のアドレスを確認・コピーする

まずは送り先のウォレットアドレスを確認する必要があります。

ウォレットアドレスとは、銀行でいう「口座番号」みたいなものです。

そのため相手に「ウォレットアドレスを教えてください。」とでも言って、アドレスを教えてもらいましょう。

もしも相手のOpenSeaのアカウントを知っているなら、「・・・(三点ボタン)」をクリックしたら、アドレスが表示されます。

OpenSeaで相手のアドレスの確認方法

このように相手(送り先)のアドレスをまずはコピーしてください。

手順②:送るNFTを選択し、「Transfer」をクリック

次にOpenSea(オープンシー)を開きます。

そして、まずは自分が持っているNFTの中から、送りたいNFTをクリックします。

送りたいNFTをクリック。

次に右上にある「Transfer(紙飛行機マーク)」のボタンをクリックします。

Transferボタンをクリック。

手順③:相手(送り先)のアドレスを記入する

次に「Address」と書かれているところに相手(送り先)のウォレットアドレスを記入します。

相手(送り先)のウォレットアドレスを記入します。

あとは「Transfer」ボタンをクリック。

シロウ
シロウ
ここでアドレスを間違ってしまうと、別のところに届いてしまうので、必ず何度もアドレスが間違っていないか確認してください!

手順④:ガス代を確認する

次にガス代(手数料)を確認しましょう。

ガス代とは?

NFTを送るためには「ガス代」と呼ばれる手数料が必要となります。

ガス代は利用するネットワークのトークンで支払います。(例:EthereumならETHでガス代を支払う)

以下のように「ガス代の見積もり」に「いくらぐらいガス代がかかるか」が書かれているので、確認しておきましょう。

 

ガス代の確認

上記の画像では「$1.32」と書かれているので、「1.32ドル(約187円)」が手数料にかかるということです。

ガス代は時間帯によって変動するので、もし高すぎると感じた場合は、少し様子を見るのもありです。

手順⑤:NFTを送る

あとは以下のような画面になるはずなので、ゆっくり待っておきましょう。

処理中の画像

無事にNFTを送ることができたら、以下のように表示されます。

無事にNFTを送れた時の画像

これで相手に確認して貰えば、ちゃんとNFTが届いているはずです。

NFTを送った履歴を確認する方法

NFTを送ったけど、本当に送れているのか不安、、、

という人もいるはずなので、「NFTを送ったことを確認する方法」について紹介していきます。

まずはメタマスクを開きます。

スマホアプリの場合は、サイドバーの「Etherscanで表示」をクリックします。

サイドバーの「Etherscanで表示」をクリック。

パソコン版の場合は、「三点」をクリック後に「Etherscanで表示」をクリックします。

「Etherscanで表示」をクリック

「Etherscan」のページが開くので、下にスライドします。

下にスライド

「Erc721 Token Txns」をクリックします。
すると、以下のように「To」の所に相手先のアドレスが確認できるはずです。

「To」の所に相手先のアドレスがあるか確認

ここで相手先のアドレスを確認できたら、無事に相手にNFTを送れているはずです。

安心して相手が確認してくれるのを待っておきましょう(*´ω`*)ノ

まとめ:3分でOpenSeaでNFTを送る方法

今回はOpenSeaでNFTを送る方法について紹介しました。

簡単に本記事の内容を振り返ります。

NFTを送る方法
  1. 相手(送り先)のアドレスを確認・コピーする
  2. 送るNFTを選択し、「Transfer」をクリック
  3. 相手(送り先)のアドレスを記入する
  4. ガス代を確認する
  5. NFTを送る

注意点としては「ガス代が高すぎないか」「送り先のアドレスが合っているか」を確認することです。

送り先のアドレスを間違って入力してしまうと、NFTが意味不明なところに旅立ってしまうので、必ず注意してください。

ということで、今回の記事はこれにて終わりです。ご愛読ありがとうございました。

この記事を読んだ人がやればさらに稼げる情報

この記事を読んでいるのは「仮想通貨で稼ぎたい」と思っている人ですよね。

それなら以下も合わせてやっておけば、稼ぎやくすなるのでオススメです。

おそらく、これ以下を読んでも99%の人が行動しないので、行動した人が稼ぎやすくなる世界です(*・ω・)ノ ぜひ行動しましょう。

GMOコインで口座開設(利確用)

GMOコインは「日本円の出金手数料」や「仮想通貨の送金・入金手数料」が無料です。

仮想通貨をやっている人は問答無用で全員口座を作っておいた方が良いので、この機会に作っておきましょう。

>>>GMOコインで口座開設する

Coincheckの口座開設&入金で1500円GET

コインチェックで口座開設して、入金するだけで1,500円分のビットコインが貰えます。実質無料で貰えるのでお得です。

>>> コインチェックで口座開設

Bybit(バイビット)で口座開設

Bybit(バイビット)は海外の取引所ですが、ローリスクで稼げるイベントが沢山開催されているので、作っておきましょう。もはや仮想通貨で稼ぎたいなら必須です。

>>> Bybit(バイビット)で口座開設する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。