プログラミング

【保存版】RunBlox(ランブロックス)の特徴・始め方・稼ぎ方を徹底解説

こんにちは、シロウ(@shiro_life0)です。

シロウ
シロウ
久しぶりのブログ更新です!笑
今回はNFTゲームである「RunBlox」について解説していきます!

最近は、プレイすることで仮想通貨が稼げる『Play to earn / BCG / NFTゲーム』と呼ばれるゲームが盛り上がっていますが、

その中でも、RunBlox(ランブロックス)は歩くことで仮想通貨RUXを獲得することができるNFTゲームになります。

正式リリースは2022年の6月に予定とのことで、今から目をつけておけば先行者利益を得ることもできるかもしれません(*・ω・)ノ

「初期費用は?」「いくら稼げるの?」「始め方は?」←このような疑問をできるだけ解消していきます。

今だけのキャンペーン情報や稼ぎ方などを記載しているので、ぜひ最後までご覧ください。

著者のプロフィール画像
著者のプロフィール(Twitter:@shiro_life0

RunBlox(ランブロックス)の概要

ゲーム名 RunBlox(ランブロックス)
対応機種 Android・iPhone
トークン OBX/RUX
ブロックチェーン Avalanch(アバランチ)
公式サイト https://runblox.io/
ホワイトペーパー https://docs.runblox.io/
RunBloxの概要

RunBlox(ランブロックス)のざっくりとした概要は上記の通りです。

RunBlox(ランブロックス)はOpenbloxによって作成された、歩いて仮想通貨を稼ぐことができるMove to Earnアプリです。

ちなみにOpenbloxは、様々なNFTゲームを作成しているプロジェクト(プラットフォーム)です。

ただ、歩いて仮想通貨を稼ぐためには、NFTのスニーカーを入手する必要があります。

シロウ
シロウ
現時点では、NFTスニーカーの費用は不明ですが、おそらく早期なら数万円で参加可能だと思われます!
マーケットプレイスでNFTスニーカーを購入することになるので、相場次第では数十万円ぐらいする可能性はあります。(STEPNみたいに…)

補足:開発元のOpenBloxについて

OpenBloxは、複数のNFTゲームを開発するプロジェクト(プラットフォーム)です。

シロウ
シロウ
「Gala Games」とイメージは同じだと思います(*´ω`*)ノ(違ってたらすいません。)
Openbloxは、2022年6月7日時点では、下記の4つのNFTゲームをリリース予定とのことです。

・RunBlox
・Rogueblox
・Actionblox
・Landblox

本当は「Rogueblox」という育成系NFTゲームのリリースが先の予定だったそうですが、STEPNによりMove-to-Earnが伸び始めたことから、「RunBlox」の開発を優先したらしいです。

ちなみにOpenbloxのNFTキャラも存在するので、興味のある人は購入してみても面白いかもです。

RunBlox(ランブロックス)の特徴

RunBlox(ランブロックス)の特徴は下記の4つです。

  1. 歩いて仮想通貨を稼ぐことができる
  2. Avalanche上に構築されている
  3. 不正防止対策もしている
  4. NFTスニーカーの仕組みが豊富

順に解説していきます。

特徴①:歩いて仮想通貨を稼ぐことができる

RunBlox(ランブロックス)は、専用のNFTスニーカーをアプリ内で所有して歩くことで、仮想通貨を稼ぐことができるのが特徴です。

ゲームをプレイする必要などはなく、基本的にはアプリをダウンロードして、歩いておけば良いだけなので、通勤などでよく歩く人には最適なアプリですね。

俗にいう『Move to Earn(ムーブ トゥ アーン)』というやつです。(STEPNと同じ。)

ちなみに歩いて稼ぐことができるトークンは「$RUX」です。

特徴②:Avalanche上に構築されている

Avalancheのイメージ画像
Avalancheのイメージ画像

RunBloxは「Avalanche(アバランチ)」というブロックチェーン上に構築されています。

シロウ
シロウ
ちなみにSTEPNはSolana(ソラーナ)というブロックチェーン上に構築されていましたね。

Avalancheは下記のようなメリットがあるので、今後も盛り上がる可能性のあるブロックチェーンです。

  • スケーラビリティと分散性を両立している。
  • イーサリアムなど他のブロックチェーンとの互換性がある。
  • アメリカのプロジェクトである。

Avalancheが盛り上がる → $AVAXの価格が上昇 → それに伴い「$OBX」「$RUX」の価格も上昇

というパターンもあり得るので、少しだけ期待ができます。

特徴③:不正防止対策もしている

RunBloxでは、不正を防止するために下記のような仕組みを導入しているようです。

  • GPSトラッキング
  • モーションセンサーと健康データの利用
  • 機械学習でデータをシミュレートし、不正パターンの認識

不正をして、多くのトークンを得るユーザーがいると、それだけ売られるのでトークンの価格も下がりやすくなります。

トークンの価格を維持するためにも不正防止を最初から考えているのは、とても良い取り組みだと思います!

特徴④:NFTスニーカーの仕組みが豊富

マーケットプレイスで販売されているNFTスニーカーの画像
マーケットプレイスで販売されているNFTスニーカーの画像

RunBloxを始めたい人はNFTスニーカーの仕組みを理解しておいた方が良いです。

NFTスニーカーには、「タイプ・属性・レア度・レベル」などの要素があるので、それぞれ説明していきます。

NFTスニーカーのタイプ

まずNFTスニーカーには、移動速度に応じた3つのタイプがあります。

Walk:時速2~7キロ
Jog:時速5~11キロ
Run:時速8~20キロ

歩いて稼ぎたい人は「Walk」、走って稼ぎたい人は「Run」を利用するというイメージです!

NFTスニーカーのステータス(属性)

スニーカーには下記4つのステータス(属性)があります。

  • Speed:なにこれ?
  • Luck:なにこれ?
  • Attack:$RUXの獲得量に関係
  • Hit Poinsts:耐久値

それぞれのステータスが高いほど、より$RUXを稼ぎやすくなるのは間違い無いと思います。

NFTスニーカーのレアリティ

スニーカーには下記5つのレア度があります。

  • Common
  • Rare
  • Epic
  • Hero
  • Legendary

下(↓)にいくほどレア度が高く、稼ぎやすくなるのだと思います。

NFTスニーカーのレベル

スニーカーは「$RUX」を消費してレベルアップさせることができます。

レベルが上がれば上がるほど、消費する$RUXも多くなるようです。

レベルアップには一定時間かかりますが、レベルが高いほど$RUXを稼ぎやすくなっていきいます。

特徴⑤:前澤友作さんが投資している

なんと元ZOZOTOWNの社長である前澤さんがOpenBloxへ投資するとのこと。

https://twitter.com/yousuck2020/status/1534021486193037312?s=20&t=WVwkgmWDQELipvHJLJI4bQ

前澤さんはweb3やメタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」を立ち上げており、その投資先第一号としてOpenBloxが選ばれたみたいです。

前澤さんほどの影響力のある方が、投資するとのことで、知名度はますます高まっていきそうですね。

RunBloxのトークンは『$OBX』と『$RUX』

RunBloxで利用される2つのトークン『$OBX』と『$RUX』について説明していきます。

$OBXについて

OBXトークンは、OpenBloxのプラットフォームトークンです。

「こちら」で説明したように、OpenBloxではRunBlox以外にもゲームを開発しています。

これらのゲーム全てに共通するのがOBXトークンです。

STEPNでいう$GMTみたいな感じですね。

$RUXについて【購入方法】

RUXトークンは、RunBloxのゲームトークンです。

歩いて稼ぐことができる仮想通貨がこのRUXトークンです。

RUXトークンは、「靴のレベル上げ」にも使用できます。

基本的にはこの$RUXの価格は、$OBXよりも変動しやすいと予測されるので、思わぬ損失に繋がることもあるので、購入する際は気をつけてください!

$RUXの購入方法

RUXは現在Trader JOEというDEXにて取引可能です。

コントラクトアドレスは以下の通り。

0xA1AfCC973d44cE1C65a21D9e644CB82489d26503

RunBlox(ランブロックス)の始め方

ここからはRunBloxの始め方について解説していきます。

ちなみに現時点では、まだ「NFTスニーカーの販売」や「アプリのリリース」はされていないので、ゲームを始めることはできません。

ただ、ホワイトペーパーによると下記の手順になるとの頃。

  1. 国内取引所でビットコインを購入
  2. Binance(バイナンス)で$AVAXを購入
  3. MetaMaskに$AVAXを送金
  4. Binanceから$AVAXをMetaMaskに送金
  5. マーケットプレイスでNFTスニーカーを購入
  6. MetaMaskとRunBloxを紐づける

という手順になるはずです。

ブロックチェーンがAvalancheなので、$AVAXでNFTスニーカーを購入することになるはず。

そのため「Binance(バイナンス)」の口座を開設しておくと良いかなと。ちなみに「Bybit(バイビット)」という海外口座もおすすめなので、併せて作っておいても良いかと(*´ω`*)ノ

RunBlox(ランブロックス)の稼ぎ方

ここからはRunBloxでの稼ぎ方について紹介していきます。

主に稼ぐ方法は下記の通りです。

  1. 歩いて$RUXを稼ぐ
  2. NFTスニーカーを販売して稼ぐ(転売 & mint)
  3. $RUXのトレードで稼ぐ

①:歩いて$RUXを稼ぐ

RunBloxの最も基本的な稼ぎ方が歩いて$RUXを稼ぐです。

稼げる$RUXの量は「NFTスニーカーのレア度・レベル・ステータス」などで変化します。

そのため、多くの$RUXを得るためには、NFTスニーカーのレベル上げなどが重要になってきます。

②:NFTスニーカーを販売して稼ぐ(転売 & mint)

NFTスニーカーはマーケットプレイスでプレイヤーが自由に売買可能なので『安い時に買って高い時に売る』という転売のような稼ぎ方をすることも可能です。

シロウ
シロウ
安いNFTスニーカーを購入して、レベルを上げてから、売ったりして稼ぐこともできそうですね(*・ω・)ノ
また、mint(ミント)という2つのスニーカーから新しいスニーカーを増やす機能もあります。

そのため、ミントしたスニーカーを売って稼ぐという稼ぎ方もできるはずです。

③:$RUXのトレードで稼ぐ

シンプルに$RUXのトレードで稼ぐという方法もできます。

STEPN含め、NFTゲームは価格が落ちる時は一気に暴落します。

そのため、スニーカーなどのNFTを購入してしまうと、簡単に損切りできなくなってしまいがち。

ただ、トークンのトレードなら素早く損切りできるので、損失を最小限に抑えることも可能です。

このようにトレードで稼ぐのはメリットもあるので、稼ぎ方の1つとして視野に入れておいても良いかと思います(*・ω・)ノ

【Q&A】よくある質問(RunBloxについて)

ここからはRunBloxに対して、多くの人が抱くであろう疑問について回答していきます。

初期費用はいくら?

NFTスニーカー次第になるので、始める時期によって大きく変わります。

現時点では、まだスニーカーの販売はされていないので、販売され次第追記します。

いくらぐらい稼げるの?

現状はわかりません。

アプリが正式リリースされ、目安がわかり次第追記します。

NFTスニーカーはどうやって購入するの?

RunBloxのマーケットプレイスで購入できます。

損する可能性はあるの?

当然、損をする可能性もあります。

始めるタイミングによっては損をする可能性も高いので、十分注意してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。