雑記

【駅伝】創価大学の「小野寺勇樹」が謝罪。皆んなのコメントが優しすぎた。

こんにちは、シロウ(shiro_life0)です。

普段はプログラミング系の発信をメインとしているのですが、今回は今トレンドの駅伝についての記事です。

第97回箱根駅伝では創価大学が一位を独走していたのですが、10区にて駒沢大学の石川拓慎くん(3年)が快走をみせ、約3分の差をひっくり返し逆転優勝。

この時、10区を走っていた創価大学の走者が小野寺勇樹くん(3年)です。

上記を前提に本記事を読み進めてください。

小野寺勇樹くんがTwitterにて謝罪。

小野寺勇樹くんが午後3:23にTwitterにて謝罪していました。

 上記の通り。

ぶっちゃけ、勝負の世界なので、負けてしまうことは仕方のないことだと思います。

しかし、1位で襷(たすき)を貰ったのに抜かされてしまったことが申し訳なかったのですかね…

いいね数は5万件を越えるほどの反響となっています。

小野寺勇樹くんの謝罪ツイートに対しての皆んなのコメントが優しすぎる

タイトル通りですが、小野寺勇樹くんの謝罪ツイートに対しての皆んなのコメントが優しすぎたので、まとめてみました。

上記の通り。

今回の紹介はこれぐらいにしておきますが、もっと見たい方は小野寺くんのツイートのコメント欄を見てください。

一方、誹謗中傷する人々も・・・

凄く残念な話ですが、小野寺くんに対して誹謗中傷している人もちらほらいます。

確かに、創価大学を全力で応援していた人達からしてみれば、非難したくなる気持ちが芽生える人もいるかもしれません。

僕は阪神ファンなのですが、確かに誰かがエラーすると「何してんねん!」って気持ちになります。笑

しかし、一番悔しいのは間違いなく本人でしょう。

これから先、ふとした瞬間に「あの時もっとああしていれば・・・」と後悔することが何度もあるはず。

なので、応援している人たちは非難・誹謗中傷するのではなく、「良く頑張った」と労ってあげて欲しいですよね。

それが本当の意味で『応援する』ということなんじゃないかな〜と思います。

【最後に】小野寺くんは良く頑張った。来年頑張れ

最後に今回の件に関する、僕の感想を少し。

僕はシンプルに小野寺くんも良く頑張ったなぁ、、、と思いました。

結果的には約3分差をひっくり返されることになってしまい、当然ですが、本人も望んだ結果ではなかったはず。

しかし、相手も全力で勝ちにきているので、時には思わぬような結果となるのがスポーツですよね。

箱根駅伝は誰も手を抜くことなく、全員が全力で走っているからこそ、視聴者も楽しめるもの。

小野寺くんも最後の最後まで、必死に走っていました。

抜かれて悔しかったでしょうが、最後に担架で運ばれるほど、最後まで全力で走っていたんですよ。

そんな姿を見たら、良く頑張ったって言葉しか僕は出てこなかったです。笑

小野寺くんはまだ3年生で、まだもう一年あるので、ぜひ来年はさらにパワーアップした姿をみせて欲しいなと感じます。

約23kmもお疲れ様でしたm(_ _)m