仮想通貨

バイナンスからメタマスクに送金したETHが消えた!? ←表示されていないだけ!

こんにちは、シロウです。

僕はエンジニアなのですが、最近はDefiやNFTにハマっています。笑

ということで、パンケーキスワップというものを始めてみようと思ったので、その過程で問題が発生しました。

なんと、バイナンスからメタマスクに送金したはずのETH(イーサリアム)が消えてしまったのです!

おそらく同じような現象が起きた人もいるはずなので、この解決策を紹介していきます。

メタマスクにETH(イーサリアム)が表示されない理由

結論から言うと、ただ単に表示設定がされていないだけでした。

もう少し詳しく解説すると、下記の通りです。

詳しい解説

Binance(バイナンス)が提供するTransfer networkの「Binance Smart Chain(略称:BSC)」を利用してETH(イーサリアム)を送金すると、「Binance-Peg Ethereum Token」というトークンが代わりに送られる仕組みになっています。

なので、メタマスクにも正確には「ETH(イーサリアム)」ではなく、「Binance-Peg Ethereum Token」が送られています。

要するに「BEP20でイーサリアムを送ったら、微妙に違うイーサリアムになるよ。それはメタマスクにはデフォルトでは表示されないよ。」ということですね。

要はまぁ、こんな話は何でもいいので、とりあえずサクッと表示できるようにしていきましょう。

メタマスクにETH(イーサリアム)を表示する方法

それでは、メタマスクにETH(正確には「Binance-Peg Ethereum Token」)を表示する方法を解説していきます。

コントラクトをコピーする

まずは、「BscScanのこちら」のページにアクセスします。

すると、下記画面が表示されるはずなので、「Contract」(コントラクト)というものをコピーします。

BscScanのイメージ画像BscScanのサイト。Contractをコピーしてください。
BscScanとは?

BSC(Binance Smart Chain)上の取引履歴を確認できるサイト。(という認識でOK。)

例えば、ETH(イーサリアム)がどれぐらい取引されているのかとかを確認できたりする。

Contract(コントラクト)とは?

今回コピーした「Contract」というのは、一般的には「コントラクトアドレス」と呼ばれるものです。

要するに「トークンの識別子」みたいな認識でOKかなと思います。

メタマスクにトークンを追加する

まずはメタマスクを開いて、下の方にある「Import tokens」をクリックしてください。
(*日本語設定の人は「トークンを追加」となっているかもです。)

メタマスクの解説画像Import tokensをクリック

この時ネットワークが「Smart Chain」になっていることも確認しておいてください。

続いて、先ほどコピーした「Contract(コントラクト)」を「トークンコントラクトアドレス」の欄に入力します。

メタマスクの解説画像各項目に入力

トークンシンボルは「ETH」と入力して、「Add Custom Token」をクリックしてください。

すると、下記画面になると思うので、「Import Tokens」をクリック。

メタマスクの解説画像Import tokensをクリック

 

下記画面のようにETHが表示されていれば完了です。

画像のようになっていればOK!

ということで、無事にメタマスクに送金したETHが表示されているかと思います。

お疲れ様でしたm(_ _)m

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です