プログラミング

就活に焦っている大学生へ【就活浪人でもいいじゃないかと思う】

こんにちは、シロウ(@shiro_life0)です。

僕は現在3年生なのですが、周りを見ていると「ヤバイ、就活しないと本当にヤバイ」みたいな人が結構います。

でも、そんなに焦っても仕方なくないですかね、、、

というか、別に就活浪人でもいいと思うんですよね。

今回の記事ではこのような思考を整理していくついでに記事にしていきます。

就活って本当に必要なのか?

最近、そもそも就活って本当に必要なのかなって疑問に思ってきました。

就活は「企業に就職するため」ですよね。
じゃあなんで企業に就職するのか?

お金をもらうため、ですよね。

でも、ここで考えてみてください。

「お金をもらう方法って別に就職しなくても沢山ありますよね??」

就職したらいくらぐらい稼げるのか?

では、就職して一生懸命働いたら一体いくらぐらい稼げるのでしょうか。

結論、手取り20万ぐらい。

まぁ、多少前後はすると思いますが、平均的にこんなもんですよね。

「いや、少なくないですか、、、?」

たぶん、20万ぐらいなら物販とかしてたら普通に稼げる額だと思うんですよね。

それなら一生懸命就活して、企業で働くよりも、一生懸命在宅ワーク頑張って稼げるようになった方がいい気がしてきます。

【補足】給料なんて大して増えないよね

僕も実際に働いたことがないので、知りませんがたぶん昇給とかってそこまでしませんよね。

10年働いて月5万円上がるとかそういうレベルですよね。

それならやっぱり在宅ワークをした方がレバレッジも効くし、効率的かなーと思ったり、、、

就活しない場合はどうやって稼げばいいのか?

稼ぎ方っていっぱいあると思うんですけど、やっぱり一番は「インフルエンサービジネス」がいいのかなーって思います。

要は自分がインフルエンサーになって、企業の商品を紹介したり、自分で教材作って買ってもらったりですね。

ブログやプログラミングもいいんですけど、ブログはGoogleに依存するし、プログラミングは人脈がないとフリーランスはしんどいし、、、って感じです。

まぁ、物販、ライティングなどなど色々稼ぎ方はあるので、自分のあった方法を選んで努力すれば月30万ぐらいなら1,2年も努力すれば達成できるんじゃないかなーって思います。

【結論】就活はした方がいいけど、焦らなくてもいい

ここまで色々と書きましたが、やっぱり就活はした方がいいですね。

就活しつつ、副業で稼げるように頑張るっていうのが一番リスクが低くていいかと思います。笑

ただ、別に就職しなくても稼ぐ方法はいっぱいあるのでそこまで焦る必要もないと思います。のんびり楽に生きていきましょう。

僕も適度に就活やってみて、ダメだったらブログとかもっと頑張って稼げるようになろうと思います。笑

それではまた(*・ω・)ノ