プログラミングスクール

テックブーストの説明会は強引な勧誘をされる?【裏情報・感想・雰囲気を解説】

テックブースト(techboost)って説明会があるらしいけど、どんな雰囲気なの?参加する価値ある?強引な勧誘とかされない?

この記事を読んでいるのは上記のように「テックブーストの無料説明会に参加するか迷っている人」だと思います。

そこで、今回は実際にテックブーストの無料説明会に参加した僕が、感想・雰囲気や内容などを解説していきます。

軽くネタバレしておくと、「無料説明会」に参加することで、キャリアの相談に乗ってもらえたり、資料データをもらえたり、イベントへの招待などもしてもらえるようになるので、とりあえずは参加してみるのがオススメです。

とはいえ、特に急ぐ必要もない人はこの記事を読んでからじっくり考えてみてください。

この記事では下記の内容をメインにお話ししていきます。

本記事の内容

・テックブーストの無料説明会の流れ
・雰囲気や内容、強引な勧誘をされるのかなど詳細の解説
・テックブーストの無料説明会に参加するメリット・デメリット

しろう
しろう
実際にビデオ通話で話している画像なども公開しているので、ぜひ参考にしてください(*´ω`*)ノ

それでは早速ですが、みていきましょう。

補足

テックブーストの無料説明会は強引な勧誘は一切されませんでしたし、その後迷惑メールがくるなどもなかったのでかなり良心的なスクールかと思います。

また、テックブーストを受講するにしても一度は「無料説明会」に参加しないと、申し込むことができません。

そのため、少しでも興味がある人は早めに参加しておくことをオススメします。

>>> Tech boostの無料説明会

それでは早速ですが、みていきましょう!

テックブーストの無料説明会の流れ【申込〜終了後まで】

まずは無料説明会の流れを解説していきます。

流れ①:まずはテックブーストの公式サイトから申し込んで、日程調整

まずは「テックブースト公式サイト」から無料説明会に申し込みます。

必要な情報は「氏名」・「電話番号」・「メールアドレス」のみです。

申込自体は30秒ほどで終わるので超楽ですね。

すると、下記のように応募したメールに日程調整用のリンクが送られてきます。

テックブーストの無料説明会に申し込んだときに送られてくるメールテックブーストの無料説明会に申し込んだときに送られてくるメール

ここからアクセスして、希望する日程で申し込みましょう。

流れ②:メールに届いたアンケートに回答する

日程を決めると、また登録したメールアドレスにメールが届きます。

ここにアンケート回答用のURLが記載されているので、こちらから簡単なアンケートに回答します。

回答内容としては、下記のような感じだったと記憶しています。

アンケート内容
  • テックブーストを知った経緯(SNS,ホームページなど)
  • 今までに他のプログラミングスクールの説明会などに参加したか
  • プログラミング学習を始めてどれぐらいか
  • 最終的にどのようなレベルになりたいか

こちらも1分ほどで終わるので、サクッと終わらせてしまいましょう。

しろう
しろう
ちなみに僕はアンケートがあることに気づかなかったのですが、説明会の最初に回答させてくれました。笑

流れ③:当日になるとビデオ通話のURLがメールに届くので参加する

テックブーストは「Whereby(ウェアバイ)」というビデオ通話を利用します。

Whereby(ウェアバイ)のURLは当日にメールで送られてくるので、それまで知る方法はありません。

忘れないようにしっかりと、当日にメールを確認してください。

実際のメールは下記のような文面となっています。

テックブーストの無料説明会の当日に届くメールテックブーストの無料説明会の当日に届くメール

流れ④:説明会に参加する【現状把握・テックブーストの説明・見積書作成】

時間になったら、メールのリンクからWhereby(ウェアバイ)にアクセスします。

担当の方も時間になったら、参加してくれます。

しろう
しろう
説明会の所要時間は1時間ほどです。

説明会では「現状把握やヒアリング→テックブーストの説明→見積書の作成」の順に進んでいきます。

現状把握やヒアリング

まずは事前に回答したアンケートの内容を軽く質問されたり、プログラミングを学ぶ利用などを質問されます。

雑談に近い感じなので、気楽に思っていることを話せば良いと思います!

しろう
しろう
僕もダラダラと好きなことを話させてもらいました。笑

テックブーストの説明

ヒアリングが終われば、続いてテックブーストの説明になっていきます。

カリキュラムの種類・どのようなサポート体制なのか・料金や割引についてなどを説明してくれます。

補足

適宜「ここまでで質問はありますか?」など聞いてくれるので、そのタイミングで質問ができます!

見積書の作成

一通り話が終わると『もしテックブーストを受講するなら、いくらになるか』という見積書を作成してもらうことになります。

もちろん、見積書を作ってもらったからといって、強制的に受講させられるなどはありません。

テックブーストの料金体系は人によってかなり違うので、混乱を防ぐために作ってくれているという感じです。

補足

ちなみに僕の場合は「ブーストコースを3ヶ月」の見積もりだったので、38万円ほどとの見積もりでした!笑

流れ⑤:最後に公式LINEの登録を促される

最後にLINEのQRコードが画面に映されるので「こちらに登録して頂きたいです!」という流れになります。

もちろん最初に『登録に抵抗などないですか?』と聞いてもらえるので、もし嫌な人は断ればOK。

注意

ただ公式LINEからイベント情報が送られてきたり、聞きたいことも手軽に質問できるので、登録しておいた方が便利かと思います。(もし必要なくなったら、ブロックすれば良いでしょう。笑)

流れ⑥:テックブーストを受講したい人はメールに届く案内から申し込む

最後にもしもテックブーストに受講したいとなったら、メールに案内が届いているはずなので、そちらから申し込みましょう。

もしも参加しないならスルーしておけばOKです。

しろう
しろう
一通りの流れとしては、こんな感じです!

テックブーストの説明会に参加した感想【雰囲気や質問した内容なども】

さて、ここからはテックブーストの説明会に参加した感想や雰囲気などを紹介していきます。

説明会の雰囲気【かなり良さげでした。】

結論から言うと、説明会の雰囲気はかなり良さげでした。

下記が実際の説明会の様子です。

テックブーストの無料説明会の雰囲気テックブーストの無料説明会の雰囲気

無理な勧誘などもなく、こちらの話も真剣に聞いてくれて、笑顔も耐えない感じだったので凄く話しやすかったです。

しろう
しろう
吹き出しの内容 マンツーマンでしたが、気まずいとかは全くなかったです!

説明会に参加した感想

感想としては、前述した通り、雰囲気も凄い良くかなり好印象でした。

こちらの現状や将来どのようになりたいか、なども真剣に聞いてくれたのも良かったです。

本当に「弊社のスクールにぜひ入ってください。」などは一切言わず、あくまでも「弊社のスクールならこのようにサポート出来ます。」といった説明の仕方だったため、不快感は全くなかったです。

また、説明会に参加したことで特典もあったのでかなり良いなぁと思いました。

しろう
しろう
特典については、後ほど解説しています!

説明会で質問させてもらった内容

僕が説明会で質問させて頂いた内容についても簡単に紹介しておきます。

①:カリキュラム通りに学習を進めないといけないのか?

僕は既にプログラミング歴1年半ほどなので、テックブーストを受講するなら初心者向けのカリキュラムは飛ばしたいと思っていたので、質問させて頂きました。

回答としては『カリキュラムは飛ばしても問題ない』とのことでした。

補足

過去に、ある程度プログラミング経験があって、初歩の部分は飛ばしていくという受講生の方もいたようです!

②:毎日何人ぐらいの人が説明会に参加しているのか

どれぐらいの人が説明会に申し込んでいるのか知りたかったので「毎日何人ぐらい説明会に参加しているのですか?」と聞いてみました。

回答としては「毎日10名ぐらいの方が参加してくれています。」とのことでした!

月300名ぐらいの人が説明会に参加しているということになるので、プログラミングスクールにしてはかなり多い方ですね。

③:テックブーストを最安値で受講する方法

これは説明会後に公式LINEにて、質問させて頂いた内容です。

回答としては『学生なら学割(3万5000円オフ)を使う。それ以外は友達と一緒に申し込む(10%オフ)。』というものでした。

詳しくは後日、記事にします。

④:カリキュラムは卒業後も閲覧可能なのか?

たまに「卒業後はカリキュラムを閲覧できません。」というスクールもあるので、一応聞いてみました。

回答としては『卒業後も閲覧可能』とのことです。

テックブーストの無料説明会に参加するメリット

さて、ここまで色々と話してきましたが、僕が感じた「無料説明会」に参加するメリットにてついて解説しておきます。

補足

デメリットは本当にほとんどなく、強いて言うなら「1時間の時間を必要とする」ぐらいかと思います。

メリット①:自分のキャリアについて深く考えることが出来る

テックブーストの説明会では「自分がどのようになりたいか」などについても聞いてくれます。

そこで「それならこのようにしたら良いかもしれませんね。」のような形で、アドバイスをしてくれたりします。

そのため、自分のキャリアについて深く考える機会にもなります。

メリット②:公式サイトに記載されていない内容を知れる

実際にテックブーストの「公式サイト」をみてみると分かりますが、スクールの詳細があまり記載されていません。

 

例えば「どのようなサポートがあるのか」・「どの時間帯にサポートしてもらえるのか」・「どんなカリキュラムがあるのか」などは公式サイトには書かれていません。

その代わり、無料説明会に参加すればとても詳しく教えて貰えます。

また「受講生の年齢層」や「メンターの質」・「自分に適しているメンター」など聞けば様々なことを教えてくれます。

メリット③:説明会の参加特典がもらえる

説明会に参加した人には、説明会参加特典のようなものを受け取ることも可能となっています。

説明会参加特典
  • テックブーストが作成したスクール内容やIT業界についての資料
  • イベントの案内(過去の受講生のポートフォリオなどがみられる)
  • 勉強会に参加可能
  • 一部カリキュラムを閲覧することも可能

説明会に参加すると、テックブーストが作成した資料を無料でプレゼントして貰えます。

ざっくりとIT業界についてなども書かれているので、もらっておいて損はありません。

また、公式LINEからイベントの案内も送って貰えます。

イベントでは、卒業生が制作物を発表している様子やカリキュラムの一部などを見せて貰えます。

このように無料説明会に参加するだけで、特典を受け取れるので、とりあえず参加しておくのがオススメです。

>>> 無料説明会に申し込む

まとめ:テックブーストの無料説明会は良心的でした。

ここまでの内容をざっくりとまとめます。

まとめ
  • 説明会は1時間ほどで強引な勧誘などは一切なく、雰囲気も良さげ。
  • 質問したことには丁寧に答えてくれて好印象。
  • 説明会に参加すれば特典も貰えるの。
  • 受講するにしても、絶対に1度は説明会に参加する必要があるので、とりあえず参加してみるのがオススメ。

ここまでのまとめは上記の通りです。

僕自身も少しテックブーストを受講するのもありかな〜と思っていたので、無料説明会に参加してみましたが、思っていた以上に好印象でした。

プログラミング未経験の人からしてみれば「卒業生の制作物をみてみる」だけでも、参考になる部分はあるのではないかと思います。

そのため、ぜひ無料説明会に参加してイベントにも参加してみるのも良いかなぁと思います(完全無料なので。笑)

余談:早めに行動するのがオススメ【値上がりの可能性あり】

最後に少しだけ、余談です。

プログラミングスクール業界に関しては、最近値上がりしているスクールが多いです。

テックアカデミーやCodeCampなども昔に比べれば値上がりしていますし、テックブーストも同様です。

テックブーストに関しては入学金が148,280円だったのが、「219,780円」にまで値上がりしています。

そのため、もしも受講する可能性があるなら出来るだけ早めに無料説明会にも参加しておくことをオススメします。

>>> テックブーストの無料説明会に申し込んでみる