大学生

大学生はバイトをしない方が良い話【就活やお金についても解説】

バイトしない大学生

こんにちは、シロウ(shiro_life0)です。

大学生になると、9割ぐらいの人はアルバイトをしていますよね。

居酒屋やカフェ、塾講師やアパレル店員など大学生のバイト先は多岐に渡り、結構みんな楽しそうにやってたりします。

ただ、ぶっちゃけ『大学生はバイトはしない方が良い』と思います。

えっ、でも大学生なんだからバイトしないとお金もないし、人間関係も広がらないし、就活でも話すことなくて不利になっちゃうくない?

と、このように思う人もいるはず。

そこで、この記事では

  • 大学生がバイトをしないメリット・デメリット
  • バイトをしないと就活で不利になるのか?
  • お金はどうしたらいいのか?

上記の流れで解説していきます。

この記事を書いている僕は現在大学3年生ですが、現在アルバイトは一切しておらず、ネットで稼いだお金で生活しています。
(昔働いていたバイト先で従業員が足りていない時にたまにヘルプで入ることはありますが、月に1,2回あれば多い方です。笑)
しろう
しろう
実際にバイトをしていない僕が解説するのでかなり参考になるかと思います!

また、現在就活中で様々な企業の人事の方とお話する機会があるので、その点も踏まえてお話ししていきます。

それでは早速ですが、見ていきましょう!

下記記事も参考になりますので、合わせてみてください!

大学生、バイトメリットない
【断言】大学生がバイトをするメリットはない【最高な人生を送るために】 今回の記事ではこのような方に向けて記事を書いていきます。 僕は現在3年生ですが、1,2年生の頃はバイトしまくってました。 しかしバ...

大学生がバイトをしないことで得られるメリット

まずは大学生がバイトをしないことで得られるメリットを解説していきます。

①:自由時間が増える【スキルを伸ばすために使える】

まず一つ目のメリットとしては『自由時間が増える』ということです。

バイトを週4で5時間入ったとすると、毎週20時間働くことになります。
さらにバイトの準備や移動時間も考えると毎週25時間ぐらい、月100時間はバイトに費やすことになってしまいます。

これって普通に考えてかなり勿体無いですよね・・・

バイトを頑張ってもたかが1日1000円前後しか給料が貰えないので、コスパが凄く悪い。

それなら、今はバイトはしないでスキルや知識に時間を費やした方が将来的にもっと稼げるので費用対効果が大きいです。

②:ストレスが減る ←凄く大切

あとアルバイトをしなくなると、ストレスが大きく軽減します。

バイトって人間関係とか仕事での疲れとかでやたらとストレスがかかったり、バイトがあるって考えただけでストレスがかかったりしますよね。
しろう
しろう
僕もバイト先の人間関係は良好で仕事内容もそこまでキツくはなかったのですが、それでもバイトがあるだけでストレスでした。笑

でも、バイトをしなくなってからはストレスが大幅に軽減されて、勉強とかもかなり捗るようになりました。

大学生がストレスを感じること5選【解消方法も合わせて解説】こんにちは、シロウです。 僕は現在大学3年生ですが、びっくりするぐらいストレスを感じることがありません。 たぶん、半年ぐらいはストレ...

バイトをしないことでのデメリット

大学生がバイトをしないデメリット

では、逆に大学生がバイトをしないことのデメリットは何かあるのでしょうか?

①:お金が稼げない【在宅で稼ぐべし】

バイトをしないとお金が稼げなくて困るよ・・・

大学生がバイトをしている理由は『お金を稼ぐため』ですよね。

なので、バイトをしないとお金を稼げないと思ってしまう人も多いかもしれません。

ただ、実際はバイトなんてしなくても努力さえすればお金は稼ぐことができます。

バイトをせずにお金を稼ぐ方法は後述するので楽しみにしていてください。

②:交友関係が広がらない【いや、いくらでも広げられる】

バイトをしないと交友関係が広がらなくない?

このように感じる人もいると思います。

しかし、ぶっちゃけバイトなんてしなくてもいくらでも交友関係を広げることはできますよね。

学恋パーティー』とかに参加するもいいですし、出会い系アプリや合コンとかもいいですね。
ゼミや授業、サークルとかでも交友関係を広げることは十分可能です。

そもそもバイトで広がる交友関係なんて微々たるものなので、それならもっと他の方法で広げた方が良い気がします。

就活で不利になるのか?【結論:むしろ有利】

就活が不利になるのか

結論から言うと、むしろ有利になる可能性の方が高いです。

大半の人が面接でバイトかサークルでの出来事を話す

エントリーシートとかのアピールポイントで「バイトリーダーをやってました」とか「接客業でコミュニケーション能力を磨きました」的なことを書いている人がいますよね。

でもあれって、大学生活に何もしていない人が苦し紛れで書いてる感じですよね。

事実として「アピールポイントでバイトの話をされると『またか』って感じてしまう」って言う採用担当の人とかもいたりします。

それぐらいバイトの出来事を面接とかで話す人って多いんですよね。

バイトをしていないことが逆に強みになる

では、逆に面接で「僕はバイトは一切していませんでした。」と言えばどうなるでしょうか。

少なからず担当者の方は「あれ、この人は他の人とは少し違うかもな」って思いますよね。

そして「では、生活費はどのようにして稼いでいたのですか?」と聞かれるはず。

ここでさらに担当者の興味を引く話をすることができれば、バイトをしていないことが逆に強みとなりますね。

【結論】バイトをしない代わりに他のことに熱中すべき

しかし、「バイトは面倒なのでしていませんでした。生活費は親から貰っていました」とかだとさすがにヤバイですよね。

普通に考えて、そんな人誰も雇いたくないです。

なので、バイトをしない代わりに何か熱中できることを見つけましょう。

  • TOEICで900点取った
  • 資格を1級まで取得した
  • 何かのコンテストで受賞した

こんな感じで、就活の際に実績として残せるものとかだと特にいいかと思います。

しろう
しろう
僕の場合は「留学」・「ブログ」・「アプリのリリース」などなど実績として20個ほどアピールすることが出来るようになっていました!

これぐらい行動していれば少なからずバイトをしているだけよりかは圧倒的に就活が有利に進めることが可能です。

お金はどうすればいいのか?【在宅で稼ごう】

バイトしない大学生はお金をどうすべきか

さて、ここで気になってくるのがお金はどうすれば良いかですよね。

結論から言うと、在宅とかでスキルを磨きながら稼ごうって感じです。

大学生でも在宅で稼ぐことは十分に可能

あまり実践している大学生は少ないですが、大学生でも本気で努力すれば在宅で稼ぐことは十分可能です。

稼ぎ方としては「ブログ」・「クラウドソーシング 」・「物販」などが王道な方法ですね。

特に「クラウドソーシング」や「物販」とかは速攻で利益が出るので、在宅ワークの初めの一歩としてはオススメです。

現在はやってはいませんが、僕も1年生の秋頃は「クラウドソーシング で仕事を貰ってWebライター」として活動したり、「物販」とかで月数万程度は稼いでいました。

最初は中々稼げませんが3ヶ月ぐらいして、作業に慣れてくれば月5万とかなら稼げるようになるはずです。

しろう
しろう
まずはそれぐらい稼げるようになってから他の中級者向けの在宅ワーク(ブログとか)に取り組んでいくのがいいと思います!

最初は利益が出やすいものから始めてみましょう。

大学生でもバイト以外で稼げる副業を下記記事にまとめてありますので、こちらから自分の得意そうなのを見つけて実践してみてください(*・ω・)ノ

【月100万稼いだ大学生が教える】バイト以外で稼ぐオススメの方法 おそらくこの記事を読んでいる方の多くは下記のような悩みを持っているのではないでしょうか。 こんな感じのことを思っている人に朗報です...

貯金が全くない人は適度にバイトしつつ稼ぐのがオススメ

貯金がないからバイトしないと来月から全く遊べないよ・・・

こんな方はとりあえず短期バイトとかを適度にしながら、在宅ワークをしたり、資格の勉強とかをするのがオススメです。

リゾートバイト.com」とかで旅行を楽しみながら1週間ぐらいガッツリ働いて稼ぐのもアリかと思います。

最後に:大学生はバイトなんてしないでスキルを磨きながら稼ごう

さて、ここまで色々と話してきましたが、簡単にまとめると「大学生はバイトなんてしないでスキルを磨いて市場価値を高めながら稼ごう」って話でした。

バイトをどれだけ頑張っても、市場価値が高まるスキルとかってぶっちゃけ身につきませんよね。

それならプログラミングやったり、英語の勉強したり、ブログ書いたりして、コツコツと自身のスキルを高めていく方が良いはず。

しかも、スキルを高めればココナラとかでサービスとして販売することも可能。

ということで、これをみた人は今日から早速自身のスキルを磨いていきましょう(*・ω・)ノ

それではまた(*´ω`*)ノ