大学生

大学生の初海外一人旅で辛かった14の事と良かった7つの事【一人旅はもう行かないかな】

一人旅

こんにちは、シロウ(@shiro_life0)です。

僕は2019年の12月にアメリカのロサンゼルスに2泊5日で1人旅に行きました。

そこで、感じたことは『海外の一人旅はマジで辛い』ってことです。

しろう
しろう
海外一人旅ってムッチャ楽しいイメージがあったんですが、僕からしたら全然でした。笑

しかし、辛かったことばかりではなく『あぁ、かなり成長したなぁ。きてよかったな』と感じたことも沢山ありました。

そこで、この記事では『海外に一人旅にいくか迷っている大学生』に向けて下記の内容をお伝えします。

【本記事の内容】
  • 海外一人旅をしてみて辛かったこと
  • 海外一人旅をしてよかったと感じたこと
  • これから海外一人旅をするか迷っている大学生へアドバイス

こんな感じの内容で書いていきます(*・ω・)ノ
*記事内でロサンゼルスの写真をいっぱい貼っておくので是非楽しんでください。笑

大学生が海外一人旅をして辛いと感じたこと

一人旅辛い

辛いと感じたことを事細かく書いていきます。

全部で14個ほどありますが、是非全部みてください。笑

①:空港で迷った

空港について、いきなり迷いました。
そもそも国際線の存在を知らなかったです。笑

なんか同じようなどの飛行機も同じような場所から出発してるのかと思ったら、全然違うくて焦りまくり。

友達といれば「まぁ、何とかなるか!」って感じのノリなんですけど、一人だと凄く不安になることに気付きました。

しろう
しろう
もうこの時点で海外に一人でいこうと考えたことに後悔しつつありました。(かなり早い)

②:キャビンアテンダントさんが何を言っているのかわからない【機内食が思ってたのと違う】

飛行機に乗車できたのはいいのですが、国際線なので当然アナウンスは外国語。

僕の当時の英語レベルは自己紹介が英語で出来る程度です。
そのため、アナウンスを聞いても何言ってるのかさっぱりでした。

そして、機内食をくれるキャビンアテンダントさんが、何か言っているのですがそれもイマイチわかりません。

なので、とりあえず隣の人が言ってることを適当に真似してみたら、よくわからない機内食を渡されました。笑

機内食

お粥?みたいな感じの食べ物で、味は普通に美味しかったです。

しろう
しろう
僕の記憶が正しければ「コーンチ」って言ったらこれが出てきました!

でも、調べても出てこなかったので発音が間違ってるのか、ただの記憶間違いかですね、たぶん笑

③:香港をトランジットで寄ったけど、何語かすらわからなかった

直接ロサンゼルスではなく、途中で香港を経由して11時間ほど滞在しました。

しかし残念なことに空港から出て散策しようと思ったのですが、バスの乗り方わからない、そもそも英語が通じないしで詰みました。笑

てっきり、香港って英語通じるのかなーって思ってたら向こうが「何言ってんだこいつ?」って顔してたので、やってしまったーと思いました。笑

なんか英語話せる人もいたのですが、バスの運転手が話せなかったので、イマイチどこに行くのかわからなかったので空港内で大人しくすることに決めました。

ちゃっかり楽しみにしてたので凄く残念でした、悲しい。

④:飛行機の席を窓側にしたからトイレに行けない

香港からロサンゼルスまで約16時間かかるのですが、ここで大失態。

3人席で一番窓側の席に座ってしまったので、トイレに16時間行けませんでした( ;  ; )

隣の二人に通路に出てもらえば良かったのですが、そもそもどうやって伝えたらいいのかわからないし、ずっと寝てて起こすの申し訳ないなと思い、我慢する道を選びました。笑

まだ2人席ならよかったのですが、さすがに3人席の一番隣は辞めておこうと固く決意しました。

皆さんも窓側の席で景色を見たいのはわかりますが、3人席なら絶対に通路側を取った方がいいですよ!!!

⑤:そもそも英語がほぼ話せないから結構詰んでた

英語を話せなくても、ボディランゲージとか雰囲気で伝わるよ!

僕はこんなふうに思っていましたが、実際は全然だめでした。(当たり前。笑)

スマホで英語を調べて伝えても発音が悪いのか理解してもらえず、僕も相手の英語を理解できずって感じのことが多々。

やはり、少しぐらいは英語を話せるようになってから行くべきでした。笑

⑥:チップ制度でお金がかなりかかった

海外にはチップが必要な国があります。
そして、アメリカもチップ制度が浸透している国です。

そのため、チップ文化のない僕からしたら「え、チップだけでどんどんお金なくなるじゃん」って感じでした。

⑦:タクシーが割り勘できないからかなり高い

ロサンゼルスでの移動は基本「Uber」という配車アプリ(タクシーみたいなもの)を利用して移動していました。

しかし、これが日本のタクシーよりも少し高い感じなので、割り勘の出来ない僕からしたらかなり痛い出費でした。

たぶん、合計で2万5千円ぐらいは使ったはずです。

友達4人とかできていたら単純にこの四分の一になっていたと考えると、辛かったです。笑

⑧:せっかくのホテルなのに一人だからテンションが上がらない

せっかく綺麗なホテルに泊まったのに、一人だから全然テンションが上がりませんでした。( ;  ; )

しかし、これって当然ですよね。。。

逆に一人で「ベットふかふか最高ー!」とか言って、叫んでたらおかしいですもんね。

個人的にはもっとホテルではしゃぎたかったのですが、一人だとそういう分にはいかず、凄く辛かったです。

⑨:海に行っても一人だから遊べない

ここでようやく気付いたのですが、一人だったら対して出来る遊びがないということ。

上記のマンハッタンビーチという所に行ったのですが、一人だと全然楽しくなかったです。

しろう
しろう
あー海綺麗だなー、サーフィンしてるの楽しそうだなー

せっかく海に来たのに、こんな感じの感想しか出てきませんでした。笑

やっぱり、友達と来た方が楽しい、絶対に。

⑩:一人で動物園に行っても楽しくなかった

一人で動物園にも行ったのですが、これまたあまり面白くなかったです。

一人で動物みて、写真撮って回るだけだったので、ただの作業的な感じになりました。笑

この辺りで「なんで一人で来てしまったんだろう」とかなーり後悔しました。笑

しろう
しろう
もう海外一人旅は行くことはないと思います笑

⑪:ぼったくられた

ハリウッド&ハイランドにてぼったくられました。

変なCDを6000円と4000円で、コスプレしている人達との写真で2000円取られました。笑

もう経緯を話すのも大変なので割愛しますが、とりあえず出来るアドバイスは一つ。

変な奴に話しかけられても全力で「こいつ何言ってんの?俺英語わからないんだけど?」って顔をしましょう!!

⑫:知らない人に話しかけるとか無理だった

よく「一人旅は出会いがある!」みたいなことを聞くので、てっきり出会いはあるものかと思っていました。

しかし、残念ながら出会いなんてありませんでした。笑

そもそも、英語をほとんど話せないので知らない人と会話するとか無理。

友達となら誰かに話しかけてみよう!とかなるかもですが、一人では当然そんな勇気ありません。

やっぱり友達は大切です。

⑬:常に不安だった

一人旅で最も辛かったのは「常に不安ってこと」です。

「この場所にはどうやっていったらいいんだろう?」「お店ではなんて言ったらいいんだろう?」「ルール・マナーってどんな感じだろう」ととりあえず、色々なことに不安になっていました。

一人旅ならではの不安を感じました。はい。笑

⑭:一人旅だと待ち時間がとても暇

あと、一人旅ってやっぱり暇です。

空港で待ってる時とか、ホテルでのんびりしてる時とか、レストランで料理くるの待ってる時とか、とにかく暇な時が多いです。

友達と会話できたらよかったのですが、一人なのでボーッとするかスマホ見るしかありませんでした。

大学生が一人旅をして良かったと感じたこと

ここまで散々辛かったことをお話してきましたが、ここからは良かったことをドンドン書いていきます。

①:価値観の違いを感じることが出来た

やはり海外に行った最大のメリットは価値観の違いを肌で感じられたことかと思います。

  • 空港で床に座って赤ちゃんにミルクをあげてるお母さんがいた
  • 上裸でランニングしてる人が結構いた
  • 服装とか凄いラフな感じだった
  • キスしながら写真を撮ってるカップルとかもいた
  • ボッコボコの車が走ってた

などなど日本ではあまり見られないような光景も見ることができました。

ちなみに下記がボコボコの車です。笑

海外にあったボコボコの車

僕もこんな感じで結構自由に生きていこうって感じることができて、メリットが大きかったです。

②:就活で話すネタが出来た

就活で話すネタが増えたのもメリットの1つかと思います。

意外と大学生で海外に一人で行ったことのある人って少ないと思うので、少なからず差別化ができるはず。

就活で「バイト頑張ってました!」ぐらいしかいうことのない人はぜひ海外に一人で旅に行ってみたらどうでしょうか。

③:英語を少し話せるようになった【抵抗がなくなった】

たった数日しかロサンゼルスには滞在していませんでしたが、英語には少し慣れた感じはありました。

と言っても、「何がオススメですか?」とか「ここにはどうやったら行けますか?」とか簡単な英語しか話していませんが。笑

しかし、そのおかげで「意外と自分の発音でも通じることもあるんだなぁ」と思い、英語を話すことへの抵抗がかなり減りました。

英語の知識があっても、いざ外国の人と話すとなると上手く話せないって人は一度海外旅行に行ってみるといいかもです。

たぶん、リミッターが外れる的な感じでそこからバンバン話せるようになります。

④:自信が湧いた

『俺って海外に一人で行ってきたんだ!すげー!』って感じで帰国後に凄く自信がつきました。

なんか生きる世界は日本だけじゃない!って思えた感じですかね。

いや、よくわかりませんね、すいません。笑

でも本当に「俺だったら何でも出来るんじゃね」ぐらいの自信がついたので、海外に一人で行った経験は大切かと思います。

いわゆる修行みたいな感じで、行く前と後ではレベルアップできますよ。笑

⑤:ご飯がむちゃくちゃ美味しかった

あとご飯がムッチャ美味しかったです。

一人旅で食べたハンバーガー

ハンバーガーはさすが本場って感じで、かなり美味しいし、

一人旅で食べたステーキ

あとレストランで食べたステーキも美味しかったです。
僕の顔がやる気なさげですが、それは許してください。笑

⑥:グローバルな人材(英語を話せる人)になりたいと思えた

「英語を話せるようになって、もっと海外旅行を楽しみたい!!!」って思うことが出来たのもかなり良かったです。

やっぱり、英語を話せると活躍できる幅も広がるし、プログラミングとかやってても英語のドキュメントをスラスラ読めたらかなり便利ですからね、、、

なので、今でも一応英語の勉強はちょくちょくやってます。
レベルはまだまだ雑魚ですが、、、

就活が終わったら時間ができるはずなので、そのタイミングで少し本格的にやり出そうかと思います!!!

しろう
しろう
今はブログとプログラミングに全リソースを割いているので、、、笑

⑦:彼女の大切を再認識できた

空港内で飛行機を待ってる時とか、ホテルの寝る前とか彼女と電話をしてました。

そして「あぁ、やっぱり彼女は大切だなぁ」と凄く思いました。

なんか、支えてもらってる感がすごかったので、本当にいてくれて良かったと感じました。笑

距離を開けて改めてわかる大切さってやつですね(*´ω`*)ノ

海外一人旅をするか迷っている大学生へアドバイス

結論から言うと、ぜひ海外一人旅してみてください!!
短い日数で!!!笑

やっぱり、僕が思ったのはぶっちゃけ、長すぎる一人旅ってそこまで楽しくないんですよね。

そらぁ、友達とワイワイしながら一人旅した方が楽しいに決まっていますよ。

「せっかく行くなら長く滞在した方がいい」って考える人もいると思いますが、一番大切なことは価値観の違いを肌で実感することだと思います。

たぶん、3日も滞在していれば価値観の違いは感じられるはずなので、そこまで長居する必要はなし。

なので、あまり長すぎず、ちょうどいいぐらいの日数で少しだけ海外に一人旅に行ってみればいいんじゃないかと思います。

【余談】一人旅でいくら使ったのか?

たぶん、16~17万円ぐらいです。

内訳としては下記の通りです。

  • 航空券(往復)・・・7万
  • ホテル代(2泊)・・・3万円
  • タクシー代・・・2万円
  • 飲食代(12食ぐらい)・・・1万5000円
  • お土産代・・・1万円
  • チップ代・・・5000円
  • ぼったくり(CD2枚と写真)・・・1万2000円
  • その他諸々(動物園代とか)・・・1万ぐらい
  • 合計・・・17万2000円

結構、ざっくりとした内訳ですが「トータルで17万使ったなー」と思っていたので、たぶんこんな感じです。

飲食代とかぼったくりに気をつければ、15万以内には抑えられると思います。