大学生

大学生活で350万円貯めた僕が貯金方法を解説【貯金の原則は「収入」-「支出」】

貯金

こんにちは、シロウ(@shiro_life0)です。

以前、下記のツイートをしました。

https://twitter.com/shiro_life0/status/1296221516938371072?s=20

内容は見ての通りで、大学3年生の8月時点で貯金が360万円ほどあるよって内容です。(ちょっと自慢入ってます、すいませんm(_ _)m)

そこで、この記事では『大学生におすすめの貯金方法』を解説しようと思います。

実際に僕が実践して360万円まで貯めた方法なので、参考になる部分は多いかと思います。

それでは早速ですが、見ていきましょう!

【本記事の内容】

  • 大学生が貯金を始める前に知っておくべきこと
  • 大学生が支出を減らして貯金する方法
  • 大学生がお金を稼いで貯金する方法

大学生が貯金を始める前に知っておくべきこと【貯金の絶対原則】

まず大学生は貯金生活を始める前に知っておくべきことがいくつかあるので、それを解説していきます。

貯金するためには【収入ー支出】を意識する

貯金をするために大切なこと、それは【貯金=収入ー支出】であることを理解することです。

つまり『収入を増やして、支出を減らす』ことでお金はどんどん貯まっていきます。

そんな当たり前いのこと言われなくてもわかってるよ

このように感じる人も多いと思いますが、これがわかっているなら既に貯金はしっかりと貯まっているはず。

逆に言えば、貯金できていないなら理解していても実践できていないのです。

多くの大学生は貯金しようと考えると「バイトいっぱい入ろう!」もしくは「飲み会を減らそう!」のどちらか一方しか考えません。

しかし、本当に貯金をしたいなら「いっぱい稼いで収入も増やしつつ、支出をできるだけ減らす」ように努力しないといけません。

大学生の貯金の平均額も知っておこう

皆さんは大学生の平均的な貯金額を知っていますか?

結論から言うと、概ね20万円前後が平均的な貯金額です。

周りの友達とかに聞いてみてもわかると思いますが、だいたい5万円〜50万円ぐらいの貯金額という人が多いです。

つまり、もしあなたが100万円ぐらい貯金できれば大学生の中ではトップクラスに富裕層ということ。

この事実はモチベーション維持のためにも知っておきましょう。笑

自分にはいくら貯金が必要か考えておこう

しかし、ここで重要なことが一つ。

それが「自分にいくら貯金が必要か」と考えることです。

当然、貯金はいくらあっても困りませんが、貯金の目標金額を決めることは重要です。

明確な目標がないと人は頑張れませんし、そもそも貯金をする必要もない人が一生懸命バイトで稼いで貯金するとか時間の無駄です。

社会に出ればもっと高時給で働けますからね。

僕の場合は、大学卒業後に利子付きの奨学金をすぐに全額返済したいから「240万円」は絶対に貯めようと考えていました。

もし、明確な目標金額が見つからないならとりあえず50万円を目標とするのがいいと思います。

50万円なら少し努力すれば大学生活で十分貯めることの出来る金額ですし、それだけあれば直近でお金に困ることはないはずなので!

大学生が支出を減らして貯金する方法

さて、ではいよいよここから具体的な貯金方法を紹介していきます。

前述したように【貯金=収入ー支出】を意識することが大切ですので、ここではまず『支出』にスポットを当てます。

まずは支出をとことん減らしていきましょう。

①:固定費を減らす

まず最も効率的に支出を減らす方法は『固定費を減らすこと』です。

固定費とは毎月かかる料金が一定の費用のことです。

大学生なら以下の固定費を下げられないか検討してみましょう。

  • スマホ代
  • アプリの定額課金
  • 動画配信サービスや音楽サービスの定額料金
  • アイドルのファンクラブ
  • ポケットWifi

これらの固定費を削り2500円でも下げることができれば毎年3万円、4年間で12万円も貯金できます。

固定費は知らず知らずのうちに支出が増える原因なので、出来る限り少なくしましょう。

②:無駄な飲み会をやめる

次に無駄な飲み会を止めることも超重要です。

大学生の中には週5とかで飲みに行っている人もいますよね。

ですが、1回外食するだけで3000円ぐらいはするので、積み重なればかなりの出費になります。

なので、出来る限り無駄な飲み会は避けましょう。

せめて、週に1回ぐらいにするのが良いと思います。

③:水筒は面倒からずに持っていく

大学生になるとバイトでお金を稼げるようになったので「喉乾いたら自動販売機で買えばいっかー」って考えになります。

しかし、それは勿体ないのできちんと水筒を持っていくようにしましょう。

毎日自動販売機で飲み物を買っていたら毎月3000円ぐらいの出費になりますので、これを削れればかなり貯金できます。

ついでに言えば、ジュースばっかり飲むのは健康的に良くないので控えましょう。

④:家計簿アプリを使用する

家計簿アプリを利用するのも支出を減らすためには効果ありです。

小さいな支出も全部入力すれば『小さな支出も積み重なると恐ろしいことになる』というのが理解できるはずです。

僕は家計簿アプリを利用してから「自動販売機でのジュース購入」・「コンビニでお菓子を買う」という悪習慣を辞めることができました。笑

是非一度は家計簿アプリを利用してみてください。

無料でも高性能なものがたくさんあるので!

⑤:クレジットカードを利用する

普段からクレジットカードを利用していない人はぜひこの機会に利用しましょう。

クレジットカードを利用するメリットとしては下記の3点です。

  • ポイントが貯まる
  • 振込手数料がかからなくなる
  • 現金をなくす心配がなくなる

クレジットカードで買い物をすればポイントが貯まるので少しお得です。

また、オンラインショッピングとかを銀行振込でしてしまうと手数料がかかるので勿体無いです。

あとクレジットカードで買い物できるので数万円単位の現金を持ち運ぶ必要がなくなって安心です。

これだけのメリットがあるので、ぜひクレジットカードを利用しましょう。

大学生がお金を稼いで貯金する方法

さて、ここまで大学生が支出を減らす方法を紹介していきましたが、ここからはお金を稼いで貯金する方法を解説していきます。

①:不用品を販売する

まずはサクッとできる不用品販売に取り組むのをオススメします。

たぶん、家にある服とかゲームを売れば数万円の貯金が出来るはずです。

僕もメルカリで遊戯王を売りまくって5万円ぐらいは稼いだことがあります。笑

まずは簡単なことでお金を稼いでいきましょう。

②:自己アフィリエイトで稼ぐ

自己アフィリエイトとは「銀行の口座開設や資料請求などをしてキャッシュバックを貰うシステム」のことです。

「銀行口座を開設すれば5000~1万円」・「クレジットカードを作れば1~2万円」・「FX口座を作れば1~3万円」

などの案件があり無料で出来る上、3~5万円ぐらいは普通に稼ぐことができるので、かなりオススメです。

少し登録などが面倒かもしれませんが、費用対効果を考えるとかなりコスパが良いのでやらない手はないです。

③:アルバイトをしまくる

アルバイトをしまくって稼ぐというのももちろありです。

しかし、個人的にはあまりオススメしません。

理由としては「スキル・知識が身につかない」・「給料が低い」の2点です。

なので、バイトはほどほどにして、次に紹介する方法で稼ぐのがオススメです。

④:バイト以外で稼ぎまくる

僕がオススメするのは『バイト以外で稼ぐこと』です。

バイト以外に稼げる方法は「Webライター」・「物販」・「ブログ」などなど、本当に様々な方法があります。

僕は1年生の秋頃からバイト以外の稼ぎ方に色々と挑戦し、2年生の冬頃には月100万円以上を稼ぐこともできました。

また、バイトとは違い自分で考え、分析し、行動していく必要があるので、スキルや知識もどんどん身につきます。

なので、時間のある大学生のうちにぜひバイト以外で稼ぐことにもチャレンジしてみてください。

【月100万稼いだ大学生が教える】バイト以外で稼ぐオススメの方法 おそらくこの記事を読んでいる方の多くは下記のような悩みを持っているのではないでしょうか。 こんな感じのことを思っている人に朗報です...

最後に:大学生は目標貯金額を決めて、しっかりと貯金しよう

さて、いかがだったでしょうか。

僕はこれらの方法を利用して、360万円ほど貯金しました。

やったことは単純で『稼ぎまくって、支出を減らしただけ』です。

皆さんも頑張れば50万とかはすぐ貯まると思うので、是非チャレンジしてみてください。

それではまた(*・ω・)ノ