自己啓発

「明日死ぬかもよ?」で感動して泣きました【書評・要約・感想】

明日死ぬかもよ?のサムネイル

こんにちは、シロウ(@shiro_life0)です。

今回は『明日死ぬかもよ?』を読んだ感想をお伝えしていこうと思います。

【「明日死ぬかもよ?」について】

  • 著者:ひすいこたろうさん
  • ジャンル:自己啓発
  • 価格:単行本1320円、Kindle版1254円
  • 発売日:2012/12/26

ちなみに「明日死ぬかもよ?」は「Kindle Unlimited」の30日無料期間を利用すれば無料で読めます!

ぜひ、賢く無料期間を利用しましょう!

Kindle Unlimitedの30日無料体験を試す

「明日死ぬかもよ?」の著者『ひすいこたろう』さんについて

ひすいこたろうさんのプロフィールを簡単に解説します。

ひすいこたろうさんは新潟出身で作家やコピーライターなどとして活動されている方です。

心理カウンセラーの資格もお持ちのよう。

「明日死ぬかもよ?」以外にも「3秒でハッピーになる名言セラピー」や「心にズドン!と響く運命の言葉 (王様文庫)」を出版されています。

しろう
しろう
ちなみに僕は「3秒でハッピーになる名言セラピー」も読んだことがあるのですが、むっちゃ元気が出る本で僕はとても好きでした!笑

「明日死ぬかもよ?」をサクッと要約

まずはサクッと「明日死ぬかもよ?」の内容を要約しようと思います。

要約は以下の通りです。

27の質問を通して、まるで「本当にもうすぐ死んでしまうのではないだろうか」と感じるほど死を身近に感じさせてくれるが、死は恐怖の対象ではなく生を燃え上がらせるためのものだと教えてくれる。適宜、著者や読者の体験談などを交えていることで、よりイメージが鮮明に湧き、没入感が増すように作られている書籍。

要約するとこんな感じになりますかね。

しろう
しろう
とにかく「死ぬ前に何を全力でやろう!」って考えさせてもらえる本かなと感じます!

「明日死ぬかもよ?」を読んだ感想【泣きました】

はい、ここからは「明日死ぬかもよ?」を読んだ感想をお伝えしようと思うのですが、見出し通り僕は読みながら泣きました。笑

元々感動系の話には弱い僕なのですが、たぶん結構多くの人が泣くんじゃないかなと思います、、、

ということで、僕が泣いた部分とかも解説していきます!笑

感想①:なんのために、この命を使いたい?【ここで泣きました】

いきなり、僕が泣いた箇所「しつもん16 なんのために、この命を使いたい?」の感想です。

ここでは、少年飛行兵の教官である「藤井中尉」が主役です。

藤井中尉は自分の教え子が特攻隊として敵軍に突撃していくのに、自分は安全な位置で教官をしていることに疑問を感じます。

藤井中尉には妻と2人の子供がいて妻からは「特攻隊にはならないで」と止められています。

しかし、藤井中尉は自問自答の末「特攻隊になりたい」という嘆願書を提出。当然、教官なので断られてしまいますが再度嘆願書を提出。

すると、妻が藤井中尉の気持ちを知り『私たちがいたのでは後顧の憂いになり、思う存分の活躍ができないでしょうから、一足先に逝って待っています』という遺書を残して、子供と一緒に川に身を投げてしまうのです。

え、やばくないですか、、、?

自分達がいたら思いっきり戦えないだろうからって、先に逝って待ってるって言うんですよ、、、本気で感動しました。

ちなみに後日談も少しあって、それでも感動しましたがここでは割愛します。興味のある方はぜひ本書を読んでみてください。

感想②:しつもん7 いま抱えている悩みは、たとえ人生最後の日であっても深刻ですか?【坂本龍馬がヤバすぎる】

2つ目に心に残っているのが「坂本龍馬が最強すぎる」ってことです。

本書の中では「しつもん7 今抱えている悩みは、たとえ人生最後の日であっても深刻ですか?」の中で出てくる話です。

龍馬は脱藩して、命を狙われている身です。

そんな中、龍馬達の船が紀州藩(当時、ヤバイほど権力のあった藩)の船と衝突事故を落こします。

しかし龍馬は相手が悪いと歌を作って街の人たちと唄ったり、公平な裁判にするために「万国公法」という世界のルールブックも持ち出したりします。

そして最終的には「お前らが沈めた船には銃400個積んでた!」と大嘘をついて、現在の価値でいう1億円ほどの金を紀州藩に支払わせました。

いや、龍馬ヤバすぎませんか!!!
命狙われてるし、紀州藩と真っ向勝負して、しかも大嘘ついて大金をむしりとるという!!

これぐらい強く生きれたらなと思いました。笑

「明日死ぬかもよ?」で出てきた名言

本書の中で出てきた名言(と思ったところ)をいくつか紹介していきます!

名言①: 最後は骨となって一生終えるのだから。 

「なんでも思い切ってやってみろよ。 どっちに転んだって、人間、野辺の石ころと一緒。 最後は骨となって一生終えるのだから。 だから思い切ってやってみろよ」

これは坂本龍馬が生前に残した言葉だそうです。

結局死んだら何もわかんないんだから、今のうちに精一杯楽しもうぜって思いました。うん、すごくいい言葉ですね。

名言②:毎日を人生最後の1日だと思って生きていこう。

毎日を人生最後の1日だと思って生きていこう。そうすればいつの日か必ず間違いの内道を歩んでいることだろう。やがて必ずその日がやってくるから。

これはスティーブジョブスのスピーチの一部らしいですが、かなりいい言葉だと思いました。

著者のひすいたろうさんも「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていることをするだろうか」と毎朝鏡の前で自分に質問しているようです。

うん、毎日最後の日だってぐらい名一杯がんばって生きていきたいですよね。

「明日死ぬかもよ?」はこんな人にオススメ!

「明日死ぬかもよ?」を読んだ僕からズバリ、こんな方に読んで欲しい!と思う人の特徴をお伝えします。

【本書を読んで欲しい人】

  • なんか無気力で最近努力できていないと感じる人
  • もう人生疲れて、何もしたくないと感じる人
  • とにかく今を精一杯いきたいと感じている人

まぁ要するに『人生思いっきり楽しみたい!』って人は誰にでもお勧めの書籍だと思います。笑

「明日死ぬかもよ?」を読んだ人にオススメの書籍

さて、最後に「明日死ぬかもよ?」を読んだ方にオススメだと思う書籍をいくつか紹介しておきます。

夢をかなえるゾウ

有名な書籍ですね。

読めば「俺も頑張って生きよう!」って感じることができます。

科学的に元気になる方法を集めました

タイトル通り、科学的に元気に成る方法がいっぱい書かれています。笑

いくつか実践できるものをピックアップすれば、かなり役に立ちます。(実体験)

この記事を読んだ方にオススメの記事