自己啓発

【書評】「雨の日も、晴れ男」は前向きに生きたいと思わせてくれる本でした。

こんにちは、シロウ(@shiro_life0)です。

今回は「雨の日も、晴れ男」の書評をしていきます。

んー雨の日も、晴れ男ってどんな本なんだろ?内容は?要約は?名言とかあった?

こんな感じの疑問を持っている人にはおすすめです。

雨の日も、晴れ男について】

  • 著者:水野 敬也
  • ジャンル:自己啓発
  • 価格:682円(文庫)、0円(Kindle Unlimited)
  • 出版社:ミズノオフィス
  • 発売日:2008/6/10

ちなみに雨の日も、晴れ男は「Kindle Unlimited」の30日無料期間を利用すれば無料で読めます!

ぜひ、賢く無料期間を利用しましょう!

Kindle Unlimitedの30日無料体験を試す

「雨の日も、晴れ男」の著者『水野 敬也』さんについて

著者の『水野 敬也』さんについて簡単に紹介しておきます。

愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。
著書に170万部のベストセラー「夢をかなえるゾウ」ほか、「四つ話のクローバー」、「ウケる技術」、「雨の日も、晴れ男」、「『美女と野獣』の野獣になる方法」、「大金星」がある。
また、DVD「温厚な上司の怒らせ方」の企画・脚本や、漫画「地球くん」の企画・原案を手がける。 

Amazonの備考欄には上記のように書かれていました。

「夢を叶えるゾウ」と同じ著者の方だったんだーと僕はこの時に気付きました。笑

そして、慶應義塾大学を卒業しているという、、、賢い。

他にも面白そうな本を出版しているので、また読んで書評してみようかと思います。

「雨の日も、晴れ男」をサクッと要約

まずは「雨の日も、晴れ男」の内容をサクッと要約します。

【要約】
平凡なサラリーマンのアレックスは神様の悪戯で不運が次々と降り注いでくる。しかし、アレックスはどんな不運にも前向きに対処するので、神様の悪戯はますますエスカレートするが、常にポジティブなアレックス。最後は神様もアレックスに興味を持ち始めるなど、とにかく前向きなアレックスから楽しい人生の歩み方を学べる一冊。

んーちょっと上手くまとまらなかったですね、、、笑

とりあえず「前向きになれる本なんだなー」と思ってもらえればいいかと思います(*・ω・)ノ

あと結構最後の方は感動します。笑

「雨の日も、晴れ男」を読んだ感想

ここからは「雨の日も、晴れ男」を読んだ感想をお伝えしていきます。

ぶっちゃけ「いや、こんな生き方できるわけねー」と思うようなこともけっこう書かれています。(というか、ほぼそうかも笑)

でも、馬鹿馬鹿しいぐらい前向きに生きているアレックスをみると自分も小さなことでクヨクヨ悩んでても仕方ないーと感じてきます。

それに加えて、最初はアレックスをとことん不運にしようとしていた神様も徐々にアレックスに興味を持ち始めて、

最後にはアレックスのことを助けようとするというシーンが感動しました。

前向きになれつつも感動できる話だったので、アァーいい本を読んだなーと感慨深くなりました。笑

「雨の日も、晴れ男」で出てきた名言

本書内でできた名言(っぽいところ)をいくつか紹介します。

「私がクビだということは分かりました 。しかしその理由を言う必要はないという 。それでは 、こういうことでよろしいでしょうか ?私の能力があまりに高すぎるがゆえに 、あなたには使いこなすことができない 、と 」

これはアレックスが会社をクビになる時に上司にいった言葉です。
これだけみると、負け惜しみのようにも聞こえますが実際はそんなことはありません。笑

「息子のジョ ージはわたしにはもったいないくらい賢い子だ 。気が利くし頭の回転も速い 。ほとんどパ ーフェクトと言っていい子だよ 。」

これも個人的に好きな言葉でした。
自分にも子供ができたらこれぐらい愛してあげようと思います。

「雨の日も、晴れ男」はこんな人にオススメ!

【この本がオススメな人】
  • とにかく前向きにいきたい人
  • 自己啓発本で感動したい人
  • 読みやすい本を探している人

こんな感じかと思います。

水野さんの本は読みやすいので、読書が苦手という人でもスラスラ読み進めることができると思います。

また最後の方では感動もできるので、涙腺が最近乾いている人も読むといいかもです。笑

「雨の日も、晴れ男」を読んだ人にオススメの書籍

最後に「雨の日も、晴れ男」を読んだ方におすすめの書籍を紹介しておきます。

夢を叶えるゾウ
著者である水野さんが書いたベストセラー本。
とりあえず一度は読んでみてください。笑

明日死ぬかもよ?
最近読んだ本の中で一番良かったなーと思えた書籍です。
毎日を全力で生きようと思えます。

この記事を読んだ方にオススメの記事