NFT

【完全版】5分でできるNFTアートの作り方・始め方【初心者向け】

NFTアートに興味がある人
NFTアートに興味がある人
NFTアートってのが最近人気だよね。。。僕も初めてみたいんだけど、どうやって始めればいいのかよくわかんないから教えて欲しいな。
シロウ
シロウ
じゃあこの記事では、NFTアートの作り方・始め方を超わかりやすく解説していくね!

最近よく耳にするNFTアートに興味が湧いて、せっかくなら自分も作ってみたい!って人も多いと思います。

ただ「NFTアートを作るのって難しそう、、、」って思っている人もいるはず。

NFTアートに興味がある人
NFTアートに興味がある人
しかも、調べても関係ないこともむっちゃ書かれてて、よくわからん!とりあえず作り方を知りたいんだよ!!!

って感じの人もいる思います。笑

なので、この記事では、出来るだけわかりやすく端的にNFTアートの作り方を紹介しますね。

ぶっちゃけ、NFTアートを作る・始めるということ自体はとても簡単です。

初心者でも頑張れば5分ぐらいで出来ちゃいます!(5分はちょっと盛ってるかも。)

まぁ、もう前置きも面倒なので、早速NFTアートの作り方を紹介していきます!笑

NFTアート(クリプトアート)の作るために必要な物

まずはNFTアート(クリプトアート)を作るために必要な物を説明します。

NFTアートを作るために必要なもの
  • NFTにしたいデジタル上の画像や動画
  • ETH(イーサリアム)
  • MetaMask(メタマスク)
  • NFTマーケットプレイス

それぞれ順番に説明していきます。

必要なもの①:NFTにしたいデジタル上の画像や動画

まずはNFTにしたいデジタル上の画像や動画を用意してください。

この際によくある疑問が、

NFTにする画像や動画って何か特別な作り方をしないといけないの?

ということですよね。

ただ、自分が用意する画像・動画に特別なことをする必要はありません。

画像なら「JPG、PNG、GIF、SVG」などの画像形式、動画なら「MP4、ERBM」などの形式であればOK。

これらの画像・動画を用意すれば、NFTサービスが勝手にNFTに変換してくれます!

なので、NFTアートを出品・販売してみたい方は、よくあるイラスト作成アプリ(ibisPaintとか)を使って、普通にイラストを書けばOKです。

必要なもの②:ETH(イーサリアム)

ETH(イーサリアム)という仮想通貨も必要になります。

これは主に「ガス代」と呼ばれる手数料を支払うのに利用します。

当然、NFTを購入したい人は、購入する時にこのETHを使用します。

ETHの購入方法はあとで解説するので、とりあえず必要なんだなぁ〜って理解だけしておけばOKです!

補足

実は、国内のNFTマーケットプレイスを利用すれば、ETHを購入しなくても、日本円で売買することも可能だったりします。

しかし、「利用者が少ない」・「クリエイター登録・出品に審査が必要」・「まだまだ情報が少ない」などのデメリットがあります。

そのため、今回はETHを利用する方法を説明します。

必要なもの③:MetaMask(メタマスク)

MetaMaskは仮想通貨やNFTを管理するウォレットです。

要するに仮想通貨やNFTを入れる財布ってイメージを持ってください!

この財布(MetaMask)でETHやNFTを管理することで、他のサービスで支払い・NFTの出品などができるようになります。

インストール方法は後から説明します!

必要なもの④:NFTマーケットプレイス

最後に必要なのがNFTマーケットプレイスと呼ばれれる「NFTを売買できるサービス」です。

ここで、自分の画像や動画をNFTにして出品できるようになります。

下記の記事でも、初心者におすすめのNFTマーケットプレイスを紹介しています。

初心者におすすめのNFTマーケットプレイス5選【迷ったらここ】 2021年からNFTへの注目が急激に高まり「なんかNFTって稼げるらしい!」って話を聞いた人も多いと思います。 し...

今回は、一番有名な「Opensea」というマーケットプレイスを利用します!

NFTアート(クリプトアート)の作り方・始め方

さて、いよいよNFTアート(クリプトアート)の作り方・始め方を紹介していきます。

まずは簡単に手順を説明すると、、、

NFTアートの作り方(猿でもわかる版)
  1. 国内取引所(銀行)の口座を作る
  2. 国内取引所で仮想通貨(ETH)を購入する
  3. MetaMask(財布)をインストールする
  4. 購入した仮想通貨をMetaMask(財布)に送る
  5. OpenSeaのアカウントを作成する
  6. OpenSeaでNFTを作る

はい、これだけです。

おそらく「①〜③」が一番面倒です。

実際にNFTを出品するところはそこまで難しくありません。

なので、最初だけ頑張っていきましょう!

NFTの作り方①:国内取引所の口座を作る

まずは国内取引所の口座を作成する必要があります。

なぜなら「ETH(イーサリアム)」という仮想通貨(暗号資産)を購入する必要があるからです。

このETH(イーサリアム)はNFTを出品する時のガス代(手数料)などに使います。

では、どこの国内取引所の口座をつくればいいか迷いますよね。

僕はコインチェック(Coincheck)を利用しているので、特にこだわりがない人は同じく「コインチェック」で良いと思います。

コインチェック(Coincheck)は、

  • 国内最大級の取引所なので仮想通貨の取引量が多く安心感がある
  • セキュリティ対策もしっかりされている
  • ゲーム系NFTの売買も可能
  • 口座の開設が早い

という特徴があって、個人的に気に入っています。

シロウ
シロウ
口座の開設は最短翌日なので、かなり早いです!僕も申請して、翌日には口座開設出来ました!

口座の承認が遅い取引所だと、5日間ぐらい待たないといけないらしいので、その点コインチェック(Coincheck)は早くて有難いです。

NFTの作り方②:国内取引所で仮想通貨(ETH)を購入する

口座開設の審査が完了したら、日本円を入金して、ETH(イーサリアム)を購入します。

もしかすると、国内取引所の口座を申請したけど、まだ承認されていないという人もいるかも。

そのような人は、一旦次の③に進んでMetaMaskのインストールをしておきましょう!

コインチェック(Coincheck)の場合は、ETH(イーサリアム)は「販売所」というところで購入することになります。

NFTの作り方③:MetaMask(財布)をインストールする

続いては、MetaMask(メタマスク)をインストールしていきます。

このMetaMaskがないと「さっき購入したETH(イーサリアム)を入れる財布がない〜」って感じになって、ずっと国内取引所で預かっているだけになってしまいます。

なので、ウォレットであるMetaMaskをインストールします。

>>> MetaMaskインストール

詳しくは下記をご覧ください。

【完全版】MetaMask(メタマスク)のインストール方法・使い方・入出金のやり方 MetaMaskは海外の仮想通貨関連のサービスを利用するには欠かせないツールです。 ・NFT ・ブロック・チ...

NFTの作り方④:購入した仮想通貨をMetaMask(財布)に送る

続いては、購入した仮想通貨をMetaMaskに送金します。

何度も言いますが、MetaMaskは『仮想通貨の財布』です。

サービスを利用する時に、財布(メタマスク)に仮想通貨を入れてないと、お金(仮想通貨)を支払うことができません。

なので、これから先ほど購入したETH(イーサリアム)をMetaMaskに送金していく必要があります。

ということで、国内の取引所からMetaMaskへETH(イーサリアム)を送金してください。

CoincheckからMetaMaskへイーサリアムを送金する方法については、下記ページでわかりやすくまとめています!

【完全版】コインチェックからメタマスクへイーサリアムを送金する方法 この記事を読んでいる人は、上記のように「Coincheck(コインチェック)からMetaMask(メタマスク)にETH(イーサリ...

NFTの作り方⑤:Openseaのアカウントを作成する

MetaMaskにETH(イーサリアム)を送ることができたら、OpenSeaのアカウントを作成していきます。

OpenSeaはNFTマーケットプレイスの一つで、自分のNFTを出品・販売することができます。

他にもNFTマーケットは沢山ありますが、OpenSeaは世界最大のNFTマーケットなので、まずはここを利用してみると良いと思います。

OpenSea公式サイトへアクセスしてアカウントを作成していきましょう。

NFTの作り方⑥:OpenSeaでNFTを作る【ミントする】

いよいよNFTを作っていきます。

NFTを作るためには、OpenSeaで出品する必要があります。

シロウ
シロウ
ちなみにNFTを作ることを「ミント」と言ったりします。

OpenSeaで自分の作品を出品すれば、それは同時にNFTアートになっているということです!

これでNFTを作ることができました。

お疲れ様でした!

NFTの作り方まとめ

少し長くなってしまったので、簡単にまとめます。

まずNFTを作るために必要なものは次の通りです。

NFTを作るのに必要なもの
  1. NFTにしたいデジタル上の画像や動画
  2. ETH(イーサリアム)
  3. MetaMask(メタマスク)
  4. OpenSeaなどのNFTマーケットプレイス

こんな感じでした。上記に加えて、ETHを購入するための取引所も必要ですね。

 

そして、NFTを作る方法としては、次の通りでした。

NFTを作る方法
  1. コインチェックでETHを購入
  2. MetaMaskへ送金
  3. OpenSeaのアカウント作成
  4. OpenSeaで出品する ←ここで自動的にNFTが作成される

って感じでしたね。

既にわかっていると思いますが、NFTを作るために僕たちが特別なことをする必要はありません。

サービス(Opensea)側が勝手に自分の画像や動画をNFTにしてくれます。

凄い有難い話です。笑

これであなたのNFTへの道も開かれたかと思います。

この調子でガンガンNFTへの道を進んでいってください!

それではお疲れ様でしたm(_ _)m

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。