NFT

【なぜ?】NFTアートはドット絵が人気なのか【結論:トレンドだから】

shiro-changelife
シロウ
シロウ

こんにちは、ドット絵系の2Dゲーム大好きシロウ(@shiro_life0)です。

今回はNFTアートにはどうしてドット絵が多いのか、人気なのかという疑問についてお答えしていきます。

NFTアートに興味があるなら、以下のドット絵を見たことがあるかもしれません。

あとは、以下のNFTコレクションも有名ですね。

こんな感じで、NFTアートには、なぜかドット絵が多いという特徴があります。

そんなNFTアートの謎について今回はわかりやすくお伝えしていきます(*・ω・)ノ

レインボーリーリー
レインボーリーリー

この記事を読めば、ドット絵のNFTアートが多い理由がわかるんだな!

シロウ
シロウ

そゆこと〜!あとドット絵を描くのにおすすめのアプリとか、出品方法も伝えていくよ!

ということで、さっそく見ていきましょう〜〜〜!!

【無料で稼げるキャンペーン情報】
 
BITPOINT

10月31日までに「BITPOINT」で口座を無料で開設すれば、3000円分の仮想通貨「DEPコイン(ディープ)」が貰えます。

DEPは現在「約0.83円」とかなり安いですが、もし100円とかになったら3000円→40万円ぐらいになります。

ぜひ、この機会にDEPを無料でGETしましょう。

>>> BITPOINTで口座開設

シロウ
シロウ
NFT・仮想通貨投資家 / エンジニア
Profile
仮想通貨・NFTに400万以上投資しています。

本業エンジニア・副業ブロガー。

ブログ最高月80万円。累計200万以上。
プロフィールを読む

NFTアートはなぜドット絵が人気で多いのか

結論を言うと、世界初のイーサリアムチェーンのNFTコレクションがドット絵だったからです。

詳しく説明していきます。

結論:世界初のNFTアートがドット絵だったから。

冒頭で見せた以下のドット絵NFTはCryptoPunks(クリプトパンクス)と呼ばれるNFTアートです。

>>> CryptoPunksのページ

CryptoPunksは、イーサリアム上の初のNFTコレクションで、当初は無料で入手することができました。

イーサリアム(Ethereum)とは、ブロックチェーンの1つです。

しかし、世界初のNFTということで注目も集まり、過去には20億円以上で取引されたこともあります。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

えっ、最初は無料で手に入ったNFTコレクションが億単位で取引されたことあるだって!?なんじゃそりゃ!!

シロウ
シロウ

普通の反応はそうなるよね。だから、多くの人は「CryptoPunks = ドット絵のNFT = ドット絵のNFTは凄い」みたいな流れになったんだよね。

このように、CryptoPunksに注目が集まり、高騰したことで、CryptoPunksは一種のブランドになりました。

その結果、

CryptoPunksをSNSのアイコンにしている人は凄い人

ドット絵のNFTアートってなんかいけてるね

ドット絵のNFTアートが急増・人気出る

という流れになったわけですね。

このように世界初のNFTコレクション「CryptoPunks」の影響を大きく受けて、ドット絵のNFTコレクションに注目が集まったわけですが、

当然、CryptoPunksがドット絵だったのには理由があります。

ドット絵の理由:フルオンチェーンのNFTに適しているから

CryptoPunksがドット絵だった理由は、フルオンチェーンのNFTにするためには容量の小さいドット絵が適していたからです。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

「フルオンチェーンのNFT」ってなんだ・・・??

フルオンチェーンのNFTとは、全ての情報がブロックチェーン上に保存されているNFTアートのことです。

フルオンチェーンにすることで、イーサリアムのブロックチェーン上に永久的にデータが残り続けるというメリットがあります。

しかし、イーサリアムで一度に書き込めるトランザクションは約46.8K程度と、非常に容量が小さい。

そのため、3Dイラストはもちろん、2Dイラストでさえフルオンチェーンにするのは難しいです。

一方で、ドット絵なら容量が小さいのでフルオンチェーンに適しています。

シロウ
シロウ

CryptoPunksは、フルオンチェーンのNFTをリリースするために、ドット絵で販売したってことですね。

ただ、現在販売されているドット絵NFTが全てフルオンチェーンということではないので、注意してください!

【余談】フルオンチェーンではないNFTに価値はないのか?

現在、出品されているNFTのほとんどは「フルオンチェーンではないNFT」に該当します。

フルオンチェーンではない場合は、画像や動画データを別のサーバー(保存場所)に保存します。

そして、ブロックチェーン上には、画像や動画の保存場所を示すデータを保存しています。

つまり、フルオンチェーンではないNFTの場合、NFTと呼ばれるものの正体は「保存場所を示すデータ」ということになります。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

なんだそれ、それって価値があるのか?

シロウ
シロウ

もちろんあるよ!フルオンチェーンではないNFTと言っても、実際に僕たちが買う上では、そこまで異なる点はないんだよね。

ただ、最大の違いは「ブロックチェーン上に画像データあるかどうか」。

フルオンチェーンではないNFTの場合は、画像・動画を保存しているサーバーが故障・停止などしてしまうと「NFT自体は残るものの画像・動画が表示されなくなる」という現象が起きます。

そのため、NFTの方が永続性を求めるなら適していますが、正直今の段階ではそこまでフルオンチェーンかどうかをNFTに求める必要はない気がしますね。

今後、フルオンチェーンではないNFTがサーバー不具合などを理由に失態が目立つようになり「やっぱりNFTはフルオンチェーンだ!」とかになったら、その時はフルオンチェーンのNFTがトレンドになるはずなので、狙っていければ良いかなと。

ドット絵のNFTアートコレクション一覧

ここからは有名なドット絵のNFTアートコレクションを紹介していきます。

具体的には以下を紹介します。

有名なドット絵コレクション
  • Crypto Punks(クリプトパンクス)
  • Zombie Zoo(ゾンビー・ズー)
  • Kawaii Skull(カワイイスカル)
  • Isekai Battle(異世界バトル)
  • Moonbirds(ムーンバーツ)
  • HOUOU(鳳凰)

さくっとみていきましょう。

①:Crypto Punks(クリプトパンクス)

CryptoPunks

冒頭でも説明した「Crypto Punks(クリプトパンクス)」は、世界で最も有名なドット絵NFTと言っても過言ではありません。

以下のように、インフルエンサーのManabu(@manabubannai)さんも購入しています。お値段なんと3,900万円。

Crypto Punks(クリプトパンクス)は、購入者向けのコミュニティ運営などもしているため、価格が高騰しました。

他にも「世界最初のNFTアートであること」「フルオンチェーンのNFTであること」なども特徴の1つ。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

Crypto Punksをアイコンにしてたら「こいつ只者じゃねぇ、、、」って思うもんな。

シロウ
シロウ

完全に一種のブランドになっているよね。ちなみにレインボーリーリーも結構ブランドだったりするよね。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

そら、俺だからな!!!

②:Zombie Zoo(ゾンビー・ズー)

Zombie Zoo(ゾンビー・ズー)

Zombie Zoo(ゾンビー・ズー)は、当時小学3年生だったZombie Zoo Keeper(ゾンビー・ズー・キーパー)さんが、夏休みの自由研究として制作しまたNFTコレクション。

当時は合計で380万円ほどで売れたそうです。

記事執筆時点では、合計出来高が124ETHとなっているので、約2800万円ほどのお金が動いていることになります。

制作はすべてiPadで行われており、使用したアプリも無料アプリで作ったとのこと。

多くのメディアでも取り上げられたことで、日本にNFTアートを広めるきっかけになりました。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

何が売れるかわからないもんだんな、、、、

③:Kawaii Skull(カワイイスカル)

「Kawaii SKULL」は、日本の“Kawaii”文化と世界的に人気なスカルを組み合わせたNFTコレクション。KawaiiSKULLさん(@kawaiiskull_nft)が制作しました。

驚くべきことは、すべてのNFTを手書きで書いているということ。

1日約100体のスカルを1人で作成して、4ヶ月かけて10000体を作成したようです。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

1万体を全部手書きって頑張りすぎだろ。。。

その頑張りもあって、海外勢の目に留まり人気が出ました。

国内でもSNSのアイコンにしている人もいたりして、見事に成功したNFTコレクションといえますね。

④:Isekai Battle(異世界バトル)

Isekai BattleはNFTゲームで利用できるNFTコレクションです。

ゲーム内容は、ターン性のバトルゲームとなっていて、お互いのNFTを奪い合うという面白いシステムとなっています。

シロウ
シロウ

つまり、自分が持っているNFTを他人から奪われることもあるということ。。。自分が愛するキャラを盗まれたら泣いちゃいますね😭

レインボーリーリー
レインボーリーリー

奪われたくなかったら、力をつけるんだな!ぜははははは!

Isekai Battle(異世界バトル)は、まだリリースされていませんが、今後盛り上がってきそうなゲームです。

なので、ドット絵NFTを購入しておいて、ゲームが始まったプレイしてみるのもありかもしれません!

ちなみに僕はまだ持ってないので、ゲームが始まって面白そうだったら買おうかな〜って思ってますw

⑤:Moonbirds(ムーンバーツ)

MoonbirdsはフクロウをモチーフにしているNFTコレクションでレア度が存在します。

どのフクロウも個性的で、とても可愛いですね。

MoonbirdsのNFTを保有すると、Discordの専用ルームへアクセスできるようになり、イベントやエアドロップ情報が先行して発信されます。

Moonbirdsはリリースから間もない頃から30ETH以上で取引されることも多く、非常に高騰しているNFTコレクションです。

また、NFTをロックすることで、追加のメリット・報酬が与えられる「ネスト」と呼ばれる機能もあります。

ネストの期間は30日(ブロンズの巣)・90日(シルバーの巣)・150日(ゴールドの巣)・210日(ダイヤモンドの巣)の中から選択可能で期限を設定すると巣を獲得できます。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

なんか、ただのフクロウと思ったら、色々な機能があるんだな!

⑥:HOUOU(鳳凰)

HOUOU(鳳凰)とは、仮想通貨・NFT投資で有名なイケハヤさんのNFTコレクションです。

HOUOUは、ICLと呼ばれるイケハヤさんが運営する仮想通貨投資グループのPFPとして発行するのが目的です。

名前の通り鳳凰がモチーフとなっているNFTコレクションで、価格は無料で発行されました。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

イケハヤさんが発行するNFTコレクションがフルオンチェーンだったのか、、、すげーな

シロウ
シロウ

イケハヤさんは色々なNFTコレクションの運営に携わってるけど、フルオンチェーンのNFTを運営するのは、これが初じゃないかな?(たぶん)

フルオンチェーンにすることでイーサリアムチェーンが続く限りは永久的に存続するNFTとなるので、非常に魅力的ですね。

NFTドット絵の作り方・販売方法【おすすめアプリ】

ここからはNFTドット絵の作り方・販売方法について説明していきます。

難しいことはなく、以下の方法で作成できます。

NFTドット絵の作り方・販売方法
  1. アプリでドット絵を作成
  2. メタマスクをインストール
  3. OpenSeaでアカウントを作成
  4. ドット絵NFTを作成・販売

順に説明します。

アプリでドット絵を作成

まずNFTにするためのドット絵を作成する必要があります。

特に画像に指定はないので、自分で好きなようにドット絵を作成すればOKです。

スマホでドット絵を作成したい場合は、以下のアプリなどを利用すると良いと思います。

8bit Painter
8bit Painter
開発元:Takayuki Miyagawa
無料
posted withアプリーチ

ドット絵を作成できたら、保存してください。

メタマスクをインストール

MetaMask(メタマスク)のイメージ画像
MetaMaskのイメージ画像

次にメタマスクをインストールします。

メタマスクとは「仮想通貨の財布」のことで、仮想通貨やNFTを管理することができます。

また、NFTを出品するサービスのアカウント情報としても利用可能なので、NFTの売買を行うためには必須となります。

メタマスクはスマホ・パソコンで使い方が違うので、以下の記事を参考にインストールしてください。

スマホでメタマスクを利用したい方向けの記事

あわせて読みたい
【スマホアプリ版】メタマスクの使い方完全ガイドブック|お得な使い方も紹介
【スマホアプリ版】メタマスクの使い方完全ガイドブック|お得な使い方も紹介

パソコンでメタマスクを利用したい方向けの記事

あわせて読みたい
【完全版】MetaMask(メタマスク)のインストール方法・使い方・入出金のやり方
【完全版】MetaMask(メタマスク)のインストール方法・使い方・入出金のやり方

OpenSeaでアカウントを作成

NFTはNFT用のマーケットプレイスで売買するのが基本です。

今回は世界最大規模NFTマーケットプレイスであるOpenSeaを利用します。

そのため、まずは「OpenSeaの公式サイト」へアクセスして、アカウントを作成します。

次に「Profile」をクリック。

「Profile」をクリック。

続いて「MetaMask」をクリック。

「MetaMask」をクリック。

次に「Accept and sign」をクリック。

「Accept and sign」をクリック。

「署名」をクリック。

「署名」をクリック。

以下画面になればOpenSeaの登録は完了です。

OpenSeaの登録完了

ドット絵NFTを作成・販売

最後に作成したドット絵をNFTにして販売します。

OpenSeaの画面上部にある「Create」をクリック。

次に作成するNFTの設定をしていきます。

順番に説明していきます。

  • Image, Video, Audio, or 3D Model:NFTにするデータ
  • Name:NFTの名前
  • External link:WebサイトやSNSなど必要ならURLを貼る
  • Description:NFTの説明文

次に以下を入力していきますが、ここは不要なら特に設定する必要はありません。

最後に以下のようにNFTの数やブロックチェーンを選択します。

必要事項が入力できたら「Create」をクリックします。

これでNFTを作成することができました。簡単でしたね。

NFTの出品・販売方法の章を追加する

あとは価格をつけて、出品すればOKです。終わり!簡単でしたね。

NFTドット絵の売り方【売上を伸ばす方法】

いざ、NFTのドット絵をNFTにして販売してみても「全然売れない、、、」という人もいるはず。

結論から言うと、ただ売り出すだけではNFTは売れません。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

NFTって、とりあえずドット絵で売り出せば売れるもんじゃ無いの?

シロウ
シロウ

じゃあ逆に聞くけど、一体どこの誰が、君の作品を見つけて、わざわざ購入しようと思ってくれる?

そもそもNFTを出品するだけだと、誰の目にも止まらないし、仮に見られても購入することなんて、まずないんだよね。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

確かに、どこの誰が書いたかわからないドット絵NFTなんて買いたいと思わないな。。。

そのため、ドット絵NFTを売るためには『工夫』が必要となります。

例えば、個人でもできる工夫は以下の通り。

ドット絵NFTを売るための工夫
  • ユーティリティ・ホルダー特典を考える
  • SNSを活用して、カウントダウン・宣伝・完売ツイートなどをする
  • マーケティング活動を行う
  • 将来性を期待させる
  • トレンドに乗る

この辺りについては「NFTアートが売れない原因」で解説しています。

簡単にいえば「自分のドット絵NFTを購入してくれた人にメリットを与えよう!」ってとこです。

NFTドット絵の注意点 ←トレンドは終わり。

最後にNFTドット絵を作る・買う時に共通して言える注意点について説明しておきます。

これを知らないと、爆損する可能性もあるので、しっかりと読んでくださいね。

①:ドット絵NFTのトレンドは一時期に比べ落ち着いている

ドット絵NFTが流行ったのは2021年の秋から2022年の春ぐらいいまでです。

それ以降は、高クオリティのNFTアートも増えてきたので、だいぶドット絵NFTの盛り上がりは落ち着いています。

レインボーリーリー
レインボーリーリー

えっ!そうなのか。。。じゃあ、とりあえずドット絵NFTを売買して爆益!みたいな時代は終わったのか。。。

シロウ
シロウ

NFT業界は流れが早いから、いきなりトレンドが発生して、すぐに終わることもよくあることだよ。 今のトレンドを掴むのが大事!

ということで、理由がないなら今はドット絵NFTにこだわる必要は特に無いかなと思います。

②:なんとなく「ドット絵NFT」を選ぶのは避けるべき

今説明した通り、ドット絵NFTのトレンドは、ほぼ終了しています。

なので「よくわからないから、とりあえずドット絵NFTを売買してみよ。。。」とかは避けましょう。

今のNFT業界は、NFTを「単なるアート」としてみるのではなく「ビジネスのアイテム」として活用しています。

なので、運営のロードマップなども確認して、将来性がありそうなNFTを購入するのがおすすめ。

自分が出品するなら、ドット絵NFTを売るにしても付加価値をつけるように意識するのが良いです◎

まとめ:ドット絵NFTはトレンドだった!

今回は「なぜNFTにはドット絵が多いのか・人気なのか」という謎について記事にしました。

2021年とかは「とりあえずドット絵NFTを売買しとけ!!」みたいな、ブームもあったと思いますが、今は「ドット絵だから買う」という人はまずいません。

なので、ドット絵NFTだけに拘らず、さまざまなNFTを視野にいれてみると面白いと思います。

ただ、フルオンチェーンのNFTをリリースしたい場合は、ドット絵が最善策。

今後はEthereumのアップデートなどで、1回のトランザクションで書き込める容量も増えるかもしれませんが、まだ先になりそうです。

ということで、ドット絵NFTについてはこれにて終わりになります。

最後までご愛読ありがとうございました。

【無料で稼げるキャンペーン情報】
 
BITPOINT

10月31日までに「BITPOINT」で口座を無料で開設すれば、3000円分の仮想通貨「DEPコイン(ディープ)」が貰えます。

DEPは現在「約0.83円」とかなり安いですが、もし100円とかになったら3000円→40万円ぐらいになります。

ぜひ、この機会にDEPを無料でGETしましょう。

>>> BITPOINTで口座開設

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
シロウ
シロウ
NFT・仮想通貨投資家 / エンジニア
仮想通貨・NFTに400万以上投資しています。

本業エンジニア・副業ブロガー。

ブログ最高月80万円。累計200万以上。
記事URLをコピーしました