プログラミング学習

【断言】プログラミングで副業しても稼げない5つの理由【コスパが悪い】

プログラミングを勉強して、副業で稼ぎたいなぁ〜。プログラミング頑張ろうっと

この記事を読んでいる方は上記のように『プログラミングスキルを身につけて、副業で稼ぎたい!』と思っている方が多いかと思います。

しかし、先に結論を言っておくと未経験からプログラミングスキルを身につけて副業で稼ぐのはほぼ無理です。

たとえ稼げたとしても超絶効率が悪いので全くオススメしません。

しかし、そうなると

どうして、副業でプログラミングしたら稼げないの?
副業で稼ぎやすいスキルってなんなの?

このような疑問が浮かぶはずです。

そこで、この記事では「プログラミングで副業は稼げない理由」と「副業で稼ぎやすいスキル&やり方」について解説します。

プログラミングで副業は稼げない5つの理由

プログラミングで稼げないので焦る人プログラミングで副業は稼げない5つの理由

プログラミングで副業は稼げない理由は次の5つです。

稼げない理由
  1. そもそもプログラミング学習に費用と時間がかかる
  2. 案件を獲得するのが難しく、単価も安い【ライバルが強い】
  3. 仕事に活かせないから中途半端になる
  4. 単純労働を続けるだけなのでアルバイトとほぼ変わらない
  5. 初心者はプログラミングに対して勘違いしている事が多い

順に解説していきます。

理由①:プログラミング学習は費用と時間がかかりすぎる

当然ですが、プログラミング学習はお金と時間がむっちゃかかります。

お金について

プログラミング学習にかかる費用をザッと計算すると下記の通りです。

かかる費用
  • パソコン:10~20万
  • 書籍、動画などの教材:1〜5万
  • プログラミングスクールに通う場合:10~50万円

合計:約20〜80万円

パソコンを持っていて、スクールにも通わずに独学で頑張るなら数万円で済みますが、まずパソコンから用意するとなると多くのお金が必要となります。

時間について

また金があっても、プログラミング学習をするためには時間も必要となります。

最低限の機能を備えたホームページやWebアプリを自力で制作出来るようになるためには、少なくとも約200〜300時間ほどは必要です。

しかも、これだけ時間をかけても『最低限レベル』です。
まだまだ時間をかけてスキルアップしないと『プログラミングで荒稼ぎ』というレベルにはなれません。

正社員として働きながら、プログラミング学習をするなら週10~30時間ほどしか時間を確保するのは難しいはず。

それだと、最低限のプログラミングスキルを習得するだけでも大変です。

このようにプログラミング学習には多くのお金と時間が必要となるので『正社員として働きながらプログラミングスキルを身につけて副業で稼ぐ』というのは想像以上に大変です。

理由②:案件を獲得するのが難しく、単価も安い【ライバルが強い】

おそらくプログラミングで副業をしようとしている方なら「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトで仕事を受注しようとしている人が多いかと思います。

確かにクラウドソーシングサイトには多くの案件が転がっています。

しかし案件が多いから自分でも仕事を受注出来ると考えるのはかなり甘いです。

たぶん、初心者だと30件ぐらいに提案しても1件も契約を取れないかと思います。

なぜなら『ライバルが多い&強いから』です。

クラウドソーシングサイトは『ライバル多い&強すぎ』問題

当然ですが「プログラミングで稼ごう!」と考えているのはあなただけではありません。

他の人も同じようにクラウドソーシングで仕事を受注して稼ごうと考えているので下記の流れとなります。

初心者が陥る悪循環

高単価な案件には応募が多い(20~50件ほど)

しかも優秀なエンジニアも多いので、初心者が高単価案件を受注するのはまず無理

安い案件ばかりが残る

それすらも受注出来ない or 受注できても安すぎて話にならない

当然ですが、クラウドソーシングサイトにはハイスペックエンジニアの方も多数存在します。

基本的に高単価な案件はその方々が奪っていくので、必然的に初心者では低単価な案件を受注することになります。

また、最近ではプログラミングで副業をしよと考える人が爆増しているので、競争も激しくなっています。

このように『ライバルが多い&強い』ので本業の合間にちょこっと稼ごうという考えではそもそも仕事を受注することすら出来ません。

理由③:仕事に活かせないから中途半端になる

この記事を読んでいる方の大半はプログラミングを本業で活かす機会がないかと思います。

ぶっちゃけ、それならプログラミングを学習する意味はあまりないかもしれません。

もしあなたが『今後エンジニアに転職したい、フリーランスになりたい』などと考えているなら今すぐ学習を始めるべきです。

ただそうではなく『最近はエンジニア不足だからプログラミングを勉強すれば本業の合間に在宅ワークするだけでも稼げるらしい』と考えているなら、絶対にプログラミングはオススメしません。

後ほど解説しますが、プログラミングよりもコスパよく稼げる方法はいくつも存在します。

なので、プログラミングスキルが本業で活かせず、IT企業に転職するつもりもないならそもそもプログラミングで稼ぐという方向は諦めた方が良いと思います。

理由④:単純労働を続けるだけなのでアルバイトとほぼ変わらない

ちなみにですが「プログラミングで稼ぐ」と聞くと耳障りは良いですが、ぶっちゃけアルバイトと時間を切り売りしているという意味では何も変わりません。

やっていることとしては、下記の繰り返しです。

  • 提案文を送りまくる
  • 仕事を受注できたら時間をかけて開発する
  • 納品してお金をもらう

継続的に仕事を貰えたり、+αの提案をすることで時給を伸ばすことが出来ますが、それは本格的に活動している人だから出来ること。

副業目的だと単純労働(アルバイト)とほとんど変わらない、むしろ学習コストも高いので日雇いバイトで稼いだ方が良いかもしれません。

理由⑤:初心者はプログラミングに対して勘違いしている事が多い

プログラミングの副業で稼げないのは『勘違いが多い』というのも理由の1つです。

初心者にありがちな勘違い
  • ITエンジニアが不足しているから、初心者でも需要がある
  • 週2~3の在宅で月30万円ぐらいは稼げる
  • プログラミングは簡単だからすぐに稼ぐレベルは身につけられる

ITエンジニアが不足しているというのはよく言われることですが、それは「レベルの高いエンジニア」が不足しているのであって「基礎を覚えただけの初心者」は逆に溢れています。

また、週2~3のリモートワークで月30〜50万を稼げるのは『Web開発』であり『Web制作』ではありません。

Web開発・・・Webアプリ(例:Twitterやクックパッド)を作ること。チーム開発が基本。一定水準以上のスキルが必須。

Web制作・・・Webサイト(例:ホームページ)を作ること。1人でも出来る。スキルレベルは低くてもOK。

Web制作で稼げるようになるには『SEOコンサル』なども合わせてやる必要が出てきます。

またWeb開発はチーム開発がメインとなるので、独学で習得するのはかなりシンドイです。

このようにプログラミングというよりIT業界の一般的な知識に関して、勘違いしてしまっていることが多いと、稼ぎにくい言語を学習してしまったりするので、必然的に稼ぎにくくなってしまいます。

【補足】プログラミングは稼げるスキルなのは間違いない

プログラミングは稼ぐことができるプログラミングは稼ぐことができる

ここまで副業でのプログラミングは稼げない理由について解説してきました。

しかし、少し補足しておくと『プログラミングが稼げるスキルであること』は間違いありません。

結局のところ稼げるのか、稼げないのかどっちなの?

と思われた方すいません。

要するに『本気でプログラミングに打ち込むなら月50~100万円ぐらいなら稼ぎやすいけど、副業感覚でやるだけだとほぼ稼げない。』という感じです。

本気でプログラミングを学習して転職やフリーランスも視野に入れるのもあり

当然のことですが『まずは本業の合間にプログラミングを学習し、一定のスキルレベルが身に付いたら転職する』とかもありです。

むしろ副業でプログラミングをするだけよりも、どうせやるなら転職した方が絶対に良いですよね。

本業がエンジニアとなれば「本業でスキルを身につけ、副業に活かす」ことが出来ますし、逆に「副業でスキルを伸ばして本業に活かす」ことも可能です。

今の仕事に不安・不満がある人は本気でエンジニアを目指すのもアリかと思います。

プログラミング以外の副業で稼ぐのにおすすめの方法

プログラミング以外のオススメの副業プログラミング以外のオススメの副業
エンジニアに転職したいとは思わないけど、やっぱり副収入が欲しいよ。

このような方向けに、オススメの副業を3つ紹介します。

①:動画編集

動画編集はYoutubeなどの影響で需要が爆増中のスキルです。

プログラミングと比べると、学習コストも少し低く、収益化までが早い点が魅力です。

1,2ヶ月目から月2~5万円ほど稼ぐ人もいますし、続ければ続けるほど単価も高くなりやすいです。

そのため、月20時間ほどの作業時間が取れるなら十分に取り組むことが出来ます。

ただし、プログラミング同様にパソコンや編集ツールが必要となる点に注意が必要です。

もし動画編集で稼げるようになりたい方は「Movie Hacks」というスクールがお勧めです。

価格も安く、質も超いいで有名なので興味のある方は覗いてみましょう。

②:Webライター(ライティング)

Webライターも副業にはオススメです。

学習コストはそこまで高くもなく、収益化までもかなり早いです。

もちろんライティングも奥が深いので初心者がいきなり稼ぎまくるとかは厳しいです。

しかし、初月から月2~5万円ぐらい稼ぐ人もいるので、収益化までの速さにはかなり魅力があります。

もしライティングで稼ぎたいなら「WritingHacks」がオススメです。

価格も安く、質も超いいで有名なので興味のある方は覗いてみましょう。

③:物販

物販はシンプルな収益システムなので初心者の方でも稼ぎやすいかと思います。

しかし、当然在庫を抱えるリスクがあるので、確実に売れそうな商品をリサーチする必要があります。

プログラミングで副業しても稼ぎにくい。本気でやるか他のスキルで稼ごう

さて、最後に簡単に本記事の内容をまとめます。

プログラミングで副業しても稼げない理由は次の5つでした。

稼げない理由
  1. そもそもプログラミング学習に費用と時間がかかる
  2. 案件を獲得するのが難しく、単価も安い【ライバルが強い】
  3. 仕事に活かせないから中途半端になる
  4. 単純労働を続けるだけなのでアルバイトとほぼ変わらない
  5. 初心者はプログラミングに対して勘違いしている事が多い

しかし本気で取り組めば月50~100万円ぐらいなら、稼ぎやすいのがプログラミングの魅力です。

そのため本気でプログラミングで稼ぎたいなら、転職も視野に入れましょう。

もし、転職するほどでもないけど、副収入が欲しいなら「動画編集・ライティング・物販」あたりで月3~5万円ぐらい稼げるように頑張ればOK。

稼ぐには地道な努力が必要なので、頑張っていきましょう(*´ω`*)ノ