大学生

『大学生の無気力』を解消する具体的な方法【楽しく生きる】

大学生が無気力になる様子

こんにちは、シロウ(shiro_life0)です。

大学生をやっていると何かと無気力になってしまうことがありますよね・・・

うわーーー就活とかもあるんだから、何かしないとヤバイけど本当に何もやる気でないよ、どうしよう。

こんな感じで悩んでしまうこともあるかと思います。

そこで、この記事では『無気力になってしまって何もやる気がでない大学生』に向けて、今すぐ速攻で行動を起こす方法を解説していきます。

しろう
しろう
科学的根拠のある方法から、僕が実践している方法まで記載しているのでぜひ参考にしてみてください!

そもそも大学生が無気力になるのは普通な話【みんな無気力】

みんな普通

まず言いたいのは、ぶっちゃけ大学生って何もしない、いわゆる無気力状態みたいな人の方が圧倒的に多数派ですよね。笑

たぶん、大学生の大半は「みんな大学に行くし、とりあえず大学卒の経歴がった方が良さそうだから大学に通っている」って感じだと思います。(僕含め)

そんな気持ちで通っていたら無気力になってしまうのも当然ですよね。

なので、別に無気力になってしまうことは特別珍しいことではなく、わりかし普通のことなのでそこまで気にしなくてOKです。

大切なのは無気力になった後にどうするか【後悔しないために】

今解説したように、大学生なら無気力になるのは普通のことですが、大切なのは『そこから何をするか』です。

無気力のまま何もせずに終わるのか、それとも何とかアクションを起こして現状を変えるのか、、、

無気力状態のまま何もアクションを起こさないのは後悔する可能性が高いのでオススメしません。

たぶん、多くの人が『中学校の時もっと勉強していればなー』とか後悔したことがあると思いますが、このままいけば社会人になってから確実に『大学でもっと勉強していればなー』ってな感じで後悔します。

なので、自由な時間が多い大学生活を無駄にしないように無気力をぜひ解消しましょう!

大学生の無気力を解消する具体的な方法

それではここから無気力を解消するための具体的な方法を解説していきます。

①運動する【幸せホルモンの分泌を促す】

まず無気力を解消するための手っ取り早い方法としては運動することです。

運動といってもそこまで激しいことをする必要はなく、「20分間のウォーキング」とかで十分です。(音楽でも聴きながらのんびり歩きましょう。)

運動することで「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンが分泌されます。
このセロトニンは抗うつ効果もあるので、かなりナイスな物質です。

他にも気分を高めてくれる「ノルアドレナリン」、集中力を上げる「ドーパミン」、脳の成長速度を向上させる「脳由来神経栄養因子(BDNF)」が分泌されます。

しろう
しろう
運動をすることで、色々な物質が分泌されて気分が高まったり、憂鬱な気分が吹き飛びます!

なので、とりあえず「物凄い無気力だーーー」って感じている人はとりあえず、外を20分ほど散歩してみるのがオススメです!

②読書する【創造力が身につき、リラックス効果もある】

読書をすることのメリットは大きく分けて2点あります。

・自己啓発的な効果でモチベーションが上がり無気力から脱出できる
・ストレス解消、リラックス効果、メタ認知能力の向上などの効果が期待できる

上記の通りでして、読書をすることで成功者の思考が知れたり、偉人の言葉を聞くことでモチベーションがヤバイぐらいにアップします。

しろう
しろう
なので、『読書する』→『モチベーションが上がる』→『行動する』ってサイクルを続ければ結構、長期的に行動し続けることができます。

また、読書をすることはストレス軽減・リラックス効果があることが分かっています。
さらにメタ認知能力(客観的に見る能力)が向上することも証明されているので、無気力になっても冷静に現状を把握できるという無気力耐性を身につけることに繋がるかもしれません。

Kindle Unlimited」とかに登録すれば30日間無料で色々な電子書籍が読めるので、とりあえず今すぐに行動してみるのがオススメです。

【保存版】本を無料で読みまくる方法を紹介【裏技あり】』も参考になると思うのでぜひ(*・ω・)ノ

③目標を立てる【オススメは稼ぐための目標】

無気力状態を打開するためには目標を立てることも大きな効果があります。

無気力って意外と何も目標がない時に起こりがちですからね・・・
何か明確な目標がある時ってあんまり無気力感が襲ってきません。

そして、個人的にオススメな目標は『稼ぐための目標』です。

しろう
しろう
やっぱり「これをやれば稼げるようになるんだー!」って考えると尋常じゃないぐらいモチベーションが高まりますからね!笑

具体的な目標の例としては下記の通りです。

  • TOEICで850点とって勉強方法を『ココナラ』でサービスとして販売する
  • プログラミングを学習して『クラウドワークス』とかで案件を獲得して稼ぐ
  • ブログを毎日更新して稼げるようになる

今の時代、何かスキルがあればインターネットで稼げる時代なので、そういうところも考えて目標を立ててみるとモチベーションが湧きやすく、これから無気力状態には中々ならないはずです!

大学生におすすめの目標設定を解説【エリートコースは確定です】』も目標設定の参考になるはず(*・ω・)ノ

④モチベーションの上がる映画・ドラマを視聴する

モチベーションの上がる映画やドラマを視聴するというのも無気力から脱出する方法の1つです。

しろう
しろう
特に海外のビジネスマン系の映画を観ると僕はむっちゃやる気が出ます!

リラックスして楽しみながら、なおかつモチベーションがアップするので映画はかなりオススメな方法です。

U-NEXT』とかの動画視聴サービスに登録すれば30日間は無料で映画やドラマが見放題なので、ぜひ利用してください!

参考:U-NEXTの登録から無料視聴までの流れ・注意点【むっちゃ簡単】

⑤海外旅行に行ってみる【数日だけでも価値観が変わります】

最後にオススメする方法は海外旅行に行くことです。

海外旅行に行くことで得られる最大のメリットは『価値観の違いを感じられること』です。

海外に行くと、日本では考えられないような服装や行動をしている人が結構な数います。
しろう
しろう
僕もロサンゼルスやセブ島に行ったことがありますが、価値観が違いすぎてハイパー驚きました。笑

価値観の違いに触れると「なんか自分って小さなことで悩んでたなー」とか「もっと自由に好きなことを全力でやって生きようかな」って気持ちになって、無気力状態から脱出できます。

大学生が無気力になってしまう根本的な原因

ここからは大学生が無気力になってしまう原因を解説していきます。

なんとなく無気力なだけだから別に理由なんてないよ・・・

こんなふうに感じる方もいると思いますが、無気力にもきちんと原因があるはずですよ(*´ω`*)ノ

本当に何も理由がないなら無気力とかにならず普通に今まで通り生活できてるはずですからね・・・

それでは早速ですが見ていきましょう。

①将来への漠然とした不安

将来何したらいいのか全然思いつかないよ・・・このまま過ごしていていいのかな。

こんな感じで漠然とした不安を抱えている大学生ってかなり沢山いますよね。

やはり将来のイメージが沸かないと、無気力になってしまうので、まずは将来何をしたいかを考えてみるといいでしょう。

②目標や夢がなくて、やりたいことがわからない

目標も夢もないと、そもそも何を今すべきかがわからないですよね。

逆に今何をすべきかわかっていないのに、無気力になるなという方が無理な気がします。

やはり目標をきちんと設定してあげることが大切ですね。

③周りの友達と比べてしまう

現代の若者に多いのが『周りの人と比べて劣等感を抱いてしまう』ことです。

特にインスタグラムとかで友達のキラキラな日常を見て、自分と比べてしまうって現象が多いかと思います。

当然ですが、他人と幸福度を比べるメリットはほとんどないので、そのような比較は辞めた方が身のためです、無気力感を抱かないためにも。

④何かわからないけどやる気がでない

まぁ、最終的には「なんで無気力なのかわからない。というか、原因を突き止めるのもめんどくさい」って人もいると思います。

ここまで無気力になってしまうと、さすがに仕方ないので気が済むまでのんびりするのもありかと思います。

大学生のうちに行動を起こした方がいいですが、急がないと人生が詰むってことでもないので、時には休息も大切です。

こんな日は早く寝て、早く起きて、運動して気分をリフレッシュしていきましょう(*・ω・)ノ

まとめ:大学生はサクッと無気力感を脱出して行動していこう

以上が大学生の無気力状態を解消する方法でした。

簡単にまとめると、

  • 運動をして無気力解消に繋がる物質を分泌する
  • 読書してモチベーションを上げる
  • 目標を立てる
  • モチベーションの高まる映画・ドラマを観る

上記の通りです。

人生の夏休みとも言われる大学生活ですが、自分らしく充実した生活を送るためにも頑張ってください!

それではまた(*・ω・)ノ