プログラミングスクール

【断言】Unityを学べるおすすめプログラミングスクールは3社だけ【選び方も解説】

こんにちは、シロウ(shiro_life0)です。

Unityを学べるプログラミングスクールってどこがあるの?それぞれどんな特徴があって、どこがオススメなの?

今回はこのような疑問を解決していこうと思います。

しろう
しろう
僕も過去にプログラミングスクールにてUnityの学習をしたことがあります!

ただ、その際にどのスクールに通えばいいのかかなり迷いました、、、笑

そこで、この記事では「Unityを学べるオススメのスクールはどこなのか?」「どうしてオススメなのか?」「自分に合っているスクールはどこなのか?」なども合わせて詳しく解説していきます!

今回紹介するスクールはどれも『無料体験』を実施しているので、興味があるスクールを見つけたらとりあえず無料体験だけでも申し込むのがオススメです。

ただ、無料体験を申し込むかどうかも含めてこの記事を読んでから焦らずゆっくり考えてください!

この記事を読めば、スクール選びの迷いはなくなるはずですのでぜひ最後までお読みください。

【本記事の内容】

  • Unityについての解説とプログラミングスクールに通うべきか否か
  • Unityを学べるオススメのプログラミングスクールは3社だけ
  • 自分にあったプログラミングスクールの選び方

そもそもUnityとはなんなのか?

Unityとは超簡単に言えば『誰でも簡単にアプリやゲームを開発できるツール』のことです。

そんなUnityの特徴や学ぶメリットなどを簡単にですが紹介していきます。

「そんなの聞かなくたって十分知ってるよ!」という人は読み飛ばしてください笑

Unityの凄すぎる3つの特徴!

Unityは大きく分けて3つ特徴があります。

  • コードを書くことが比較的少ないので初心者でもすぐに取り組める
  • マルチプラットフォームに対応している
  • 3D,AR,VRなどの開発も可能

Unityの最大の特徴の1つが「プログラミングしなくてもある程度の機能を追加できる」という点。

具体的には『キャラクターに重力を常に反映させる』・『摩擦力の増減』・『光の当たり具合』などゲーム作りにおいて必須機能が超簡単に利用できます。

そのため、プログラミング未経験者でも簡単にアプリを作ることが可能となっています。

またマルチプラットフォームにも対応しているので、1つアプリを作れば手間をほとんどかけずに色々なプラットフォームでゲームを配信できます。

しろう
しろう
つまり『iPhone用にアプリを作ればAndoroidでもアプリを利用できるよ』という感じです!笑

さらにさらにUnityでは2Dアプリだけでなく、3D,AR(拡張現実),VR(仮想現実)なども作成することができます。

AR(拡張現実)・・・現実世界の情報をもとにしているゲーム。ポケモンGOをイメージすればわかりやすいと思います。笑

VR(仮想現実)・・・完全に作られた世界。映画「サマーウォーズ」やアニメ「ソードアートオンライン」みたいなイメージです。

UnityはAR,VR分野において期待値が高い【未経験でもチャンスあり】

UnityではAR,VRアプリ(ゲーム)を作成できるというのは前述した通りです。

そして、AR,VR技術はまだまだ未発達の領域であり、技術者も少ないです。

そのため、AR,VRのスキルを身につけているエンジニアの需要は極めて高く、平均年収は600万円前後ともいわれています。

平均でこれなのでスキルが高かければ年収1000万円以上も十分に狙うことはできるでしょう。

ただ、ARやVRのスキルを自宅で学ぶというのは正直かなり難しいです。

技術書なども普及していませんし、VRの開発環境を整えるだけでも20~30万円は費用がかかるためです。

また、Unityで2D,3Dアプリも作れない程度では、就職・転職をすることは極めて難しいです。

そのため今後ARやVRの開発に携わりたいという方は、まずはUnityで2D,3Dアプリを作成できるスキルを身につけからARやVRにも携われる職場に就職・転職するのが最も無難な方法です。

しろう
しろう
千里の道も一歩からなので、まずはUnityの操作方法をしっかりと学んでいきましょう!

Unityで開発されたゲーム一覧

モチベーションを上げるためにもunityで開発されたゲームを紹介しておきます。

まじかよ!あのゲームもUnityで作られてるのか!よっしゃ俺も頑張るぜー!!!

ってなってもらえると嬉しいです。笑

・ポケモンGO
・白猫プロジェクト
・スーパーマリオラン
・ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
・どうぶつの森ポケットキャンプ
・サモンズボード

他にももっとありますが、有名なアプリでいえば上記の通りです。

皆さんもこんなアプリを作れるぐらい頑張ってください!笑

【断言】Unityが学べるオススメのプログラミングスクールは3社だけ

さて、ここからはUnityを学べるオススメのプログラミングスクールを3社紹介していきます。

Unityを学ぶことができるプログラミングスクールはいくつかあるので、どこにすべきか迷うと思います。

ただ、知名度、料金、サポート体制などを考慮すると今回紹介する3社以外は考慮する必要は全くないと思います。

もちろん他のスクールを否定するわけではありませんが、Unityに関しては今回紹介する3社が優れています。
しろう
しろう
ぜひ、この記事を読んで自分の目で判断して頂ければと思います!

おすすめ①:Tech Academy(テックアカデミー)|総合的に一番おすすめ

まず1つ目にオススメするプログラミングスクールはTechAcademy【テックアカデミー】 です。

テックアカデミーの基本情報は下記の通り。

料金
(8週間プラン)
社会人:189,000円(税抜き)
学生:139,000円(税抜き)
受講スタイル 完全オンライン
メンター 現役のエンジニア

料金もそこまで高くなく、サポート体制もかなり充実しています。

僕がUnityを学習する際もテックアカデミーの「Unityコース」を受講しました。

そして、テックアカデミーの特徴は以下の通りです。

  • 完全にオンラインで完結する
  • 15時~23時の間は無制限でチャットで質問が可能
  • 週2回のメンタリングサポート
  • 課題の無制限レビュー
  • テックアカデミーで開催されるコンテストに参加可能

テックアカデミーを受講するメリットをさらに深堀していきます。

完全にオンラインなので、「いつでも」・「どこから」でも通える

テックアカデミーは完全オンラインで完結するプログラミングスクールです。

そのため、近くに通えるスクールがないという人でも安心して通うことができます。

当然のことですがオンラインでも質の高い学習を可能とするカリキュラムになっています。
しろう
しろう
スクールに通うために片道1時間とかかかるなら、その時間も学習時間に当てた方が絶対にいいです!

テックアカデミーはサポート体制が完璧すぎる

テックアカデミーを受講する最大のメリットは『サポート体制が充実しているから』です。

チャットサポートというものがあり、15時~23時の間なら困ったことがあればいつでもSlackにて現役のエンジニアの方に質問することが可能です。

しかも現役のエンジニアの方が何人も待機してくれているので、質問に対する回答も平均5分前後で返ってきます。

しろう
しろう
とりあえず困ったら質問すればガンガン開発が捗ります!笑

また、1回あたり30分のビデオ通話でのメンタリングが週2回あります。

ここでは自分を担当してくれているパーソナルメンター(現役のエンジニア)に口頭で質問できたり、進捗の管理などを行ってもらえます。

しろう
しろう
文章で聞きにくいこともメンタリングで質問することが出来ます!

テックアカデミー(TechAcademy)の口コミ・評判

ここからはテックアカデミーのリアルな口コミ・評判を載せておきます。

しろう
しろう
自分の目でリアルな評判を確かめてください!

もっと詳しくテックアカデミーの評判や口コミをみたいという方は『テックアカデミー の口コミ・評判を徹底検証【実際に受講してみた】』をどうぞ(*・ω・)ノ

おすすめ②:TECH STADIUM(テックスタジアム)|料金を安く抑えたい人におすすめ

2つ目にオススメするのが『TECH STADIUM(テックスタジアム)』です。

TECH STADIUM(テックスタジアム)はかなり珍しい『ゲーム開発のためのプログラミングスクール』となっています。

そして、基本情報は下記の通りです。

料金
(8週間プラン)
2ヶ月 9万円
受講スタイル 完全オンライン
メンター 現役のエンジニア

ご覧の通り、2ヶ月で9万円という驚きの安さです!

TECH STADIUM(テックスタジアム)の特徴は以下の通りです。

  • 完全オンラインで完結
  • 料金が2ヶ月9万円と驚くほどに安い
  • 1人に3人のメンターがついてくれる
  • メンターへのチャット質問は無制限(Slackにて行う)
  • 就職・転職サポートがある
  • 就職・転職に成功すれば料金は全額返金
  • 運営会社はゲーム開発を行ってきた実績がある

TECH STADIUM(テックスタジアム)を受講するメリットを深堀していきます。

ちなみにTECH STADIUM(テックスタジアム)は受講前に必ず無料の説明会を受講する必要があります。
そのため、受講を迷っている方はまずは無料の説明会を受講して、色々と質問してみるのが吉です。

TECH STADIUM(テックスタジアム)の無料説明会を見てみる

完全にオンラインで完結する

テックスタジアムもオンラインで完結するプログラミングスクールです。

そのため地方の方でも気軽に参加することができます。

Slackを活用したチャットサポートも存在します。

TECH STADIUM(テックスタジアム)は料金が驚くほどに安い

TECH STADIUM(テックスタジアム)の最大の魅力は『料金の安さ』にあります。

他のプログラミングスクールなら20万円以上かかるのが普通であるにもかかわらず、TECH STADIUM(テックスタジアム)は2ヶ月9万円という驚きの安さです。

しろう
しろう
お金が全然ないという方でも9万円なら何とか支払うことができるはず!

もちろんカリキュラムの質も高いので、コスパ最強なプログラミングスクールといえます。

就業に成功すると受講料が無料になる

なんとテックスタジアムには受講料を全額返金する制度が存在します。

具体的には、下記の通りです。

受講修了後、テックスタジアム経由で就職先が決まり、3ヶ月の就業が確認できた段階で、授業料を全額返還される。

つまり、テックスタジアムの就職サポートを受けつつ、就職して、その企業で3ヶ月働けば授業料が全額返金されるわけです。

しろう
しろう
ゲーム会社に就職したいという人にとっては最高な条件といえますね!

TECH STADIUM(テックスタジアム)の評判・口コミ

さて、それではTECH STADIUM(テックスタジアム)のリアルな評判・口コミを紹介していきます。

おすすめ③:侍エンジニア塾|マンツーマンで学びたい人におすすめ

Unityを学べるオススメのプログラミングスクール3つ目は『侍エンジニア塾』です。

侍エンジニア塾の基本情報は下記の通りです。

料金
(12週間プラン)
【入会金】
¥29,800【受講料】
社会人:¥389,400
学生:¥330,990
受講スタイル 完全オンライン
メンター 現役のエンジニア

そして、侍エンジニアをの特徴は下記の通りです。

  • マンツーマン専用のプログラミングスクール
  • 目的やレベルに合わせたオーダーメイドカリキュラムで学べる
  • オリジナルサービスの開発ができる
  • オンラインとオフラインのどちらでも対応可能

さらに侍エンジニア塾を受講するメリットを深堀していきます。

マンツーマンで学習を進めていくことができる

侍エンジニアの最大の特徴はメンターの方とマンツーマンで学習を進めることができるという点です。

プログラミングを学ぶ上での最大の的は『挫折すること』ですが、マンツーマンなので挫折する可能性はほぼ0です。

また疑問が浮かんだ時にすぐ質問できるので、ぐんぐんとスキルを成長させることができるはずです。

オーダーメイドのオリジナルカリキュラムを作成してもらえる

侍エンジニアではマンツーマンという特徴を活かして、受講生一人一人にオーダーメイドのカリキュラムを作成しています。

具体的には「将来なりたいエンジニア像」になるために、「どの言語」を「どのぐらいのペース」で「どのように学習すればいいか」というのをまとめたものを作成してくれます。

しかも、このオーダーメイドのカリキュラムは『無料体験』でも作成してもらえます。

そのため、侍エンジニアの受講を迷っている方は『無料体験』をとりあえず申し込むのがオススメです。

侍エンジニア塾の料金

侍エンジニアでUnityを学習するとなると、下記の2つのどちらかのコースを受講することになります。

デビューコース アプリ開発の一連の流れを習得する 4週間
or
12週間
or
24週間
4週間:69,800円
12週間:209,400円
24週間:298,800円
エキスパートコース プログラミングの基礎学習からオリジナルアプリ開発までを習得する 12週間
or
24週間
or
48週間
12週間:389,400円
24週間:718,800円
48週間:1,077,600円

エキスパートコースならオリジナルのアプリも開発することが出来ますが、その分費用が高くなってしまいます。

どのコースを受講すべきかも含めて『無料体験』で質問してみるのがオススメです。

【重要】自分にあったプログラミングスクールの選び方

さて、ここからは自分に適したプログラミングスクールの選び方を解説します。

①:ゲーム会社に就職・転職したい人:『TECH STADIUM(テックスタジアム)』がおすすめ

ゲーム会社に就職・転職したい人には『TECH STADIUM(テックスタジアム)』がダントツでオススメです!

理由としては、

  • 最短2ヶ月で就職できるから
  • 就職後、3ヶ月働き続ければ受講料が返金されるから
  • 運営会社がゲーム・アプリ開発を行っており就職先にゲーム会社が多いから

上記の通りです。

ゲーム会社への転職サポートはダントツで『TECH STADIUM(テックスタジアム)』が優れています。

そのため、ゲーム会社への転職・就職を目指している方はとりあえずは『TECH STADIUM(テックスタジアム)』の無料説明会を受講しましょう。

②:とにかく料金を安く抑えたい人:『TECH STADIUM(テックスタジアム)』がおすすめ

料金をとことん安く抑えたいという方にも『TECH STADIUM(テックスタジアム)』がおすすめです。

『テックスタジアム)』・『テックアカデミー』・『侍エンジニア』の料金比較は下記の通りです。

テックスタジアム 【2ヶ月】
9万円
テックアカデミー 【8週間プラン】
社会人:189,000円
学生:139,000円
侍エンジニア 【エキスパートコース:8週間】
389,400円

上記を見れば、分かる通りダントツでテックスタジアムが料金は安いです。

そのため、とにかく受講料を安く抑えたい人はテックスタジアムがオススメです。

③:オンラインで質の高い学習をしたい人:『Tech Academy(テックアカデミー)』がおすすめ

オンラインで質の高いUnityの学習をしたい方はTechAcademy【テックアカデミー】 がおすすめです。

理由としては、

  • 15~23時の間は無制限でチャット(Slack)での質問が可能
  • 現役エンジニアと週2回メンタリングできる
  • オリジナルサービスを開発・リリースすることができる

上記の通りです。

侍エンジニア塾もオリジナルサービスを開発するコースがありますが、費用的に考えてテックアカデミーの方が20万円近く安いです。

また、テックアカデミーはプログラミングスクール業界の中でもトップクラスの知名度・規模なので、カリキュラムの質も高く安定感があります。

そのため、オンラインで質の高いUnityの学習をしたい人には「テックアカデミー」がおすすめです。

テックアカデミーのUnityコースを見てみる

④:マンツーマンで学習したい人:『侍エンジニア塾』がおすすめ

マンツーマンでUnityを学びたい人は『侍エンジニア塾』がオススメです。

そもそもマンツーマンで学べるプログラミングスクールはそんなに多くありません。

そんな中、Unityをマンツーマンで学びたいというなら侍エンジニア塾がオススメです。

費用は少し高くなってしまいますが、挫折がなくなることを考えればコスパも決して悪くはありません。

最後に:迷っている暇があるなら今すぐ行動した方が絶対に良い

おそらくここまで読んで、

んーやっぱりプログラミングスクールって高いし、あんまり自分に向いてないかもだし、あと一歩踏み出せないなー

という方もいるかと思います。

そのような方に1つ言いたいのが『それなら無料体験だけでもとりあえず申し込みましょう』ということです。

当たり前ですが、無料体験は”無料”なので費用は一切かかりません。

行動できる人はいますぐ行動しています。
逆に今行動出来ない人はいつまで経っても行動できない可能性が高いです。

そのため、無料の体験会または説明会ぐらいサクッと申し込んでしまいましょう!

TechAcademyの無料体験
TECH STADIUM(テックスタジアム)の無料体験
侍エンジニア塾の無料体験