プログラミングスクール

テックアカデミーのUnityコースを受講した正直な感想【ゲームをリリース出来ました】

こんにちは、シロウ(@shiro_life0)です。

先日、テックアカデミーのUnityコースを2ヶ月間受講しまして、無事AppleStoreにアプリをリリースすることができました。

そこで今回の記事では

ゲームをリリースしたいからテックアカデミー のUnityコースを受講するか迷っているんだけど、本当にプログラミング初心者の僕でもアプリをリリースできるのかな・・・

このような悩みを持っている方向けに記事を書いていきます。

それでは早速ですがみていきましょう!

Unityコース公式サイトへ

そもそもUnityとは?

まずは簡単にUnityの解説をしておきます。

超簡単にUnityを説明すると『アプリやゲームを簡単に作れるツール』みたいな感じです。

しろう
しろう
Unityを使えばプログラミング初心者の方でも簡単にアプリを作る事ができます!

Unity以外にもゲーム制作を簡単にしてくれるツールはいくつかあるのですが、その中でもUnityは特に人気があります。

その理由が下記の通りです。

  • 無料で利用できて、簡単操作なので誰でも使える
  • 1つのアプリを作れば色々なプラットフォーム(iphone,android,ps3など)で提供できる
  • 様々な有名ゲームがUnityで制作されている実績がある
  • アセットを使えばクオリティの高い素材を利用できる

Unityは驚くほど簡単にゲームを制作できる超便利ツールなのに、その全ての機能を無料で利用することができます!

そして、クロスプラットフォームにも対応している。
つまり、iphone用にアプリを作れば、ほぼコードに手を加えずにAndroid用にもアプリをリリースできるなどのように、色々な機種でアプリをリリースできます!

さらにさらに、世の中に出回っている多くのアプリがUnityによって作成されているという実績もあるのです!

また、Unityではアセットというのが無料・有料で提供されていて、アセットを使えば超便利ツールやハイクオリティ素材(キャラや背景)を簡単に準備できます!

しろう
しろう
アセットを使えば簡単にクオリティの高いゲームを作る事ができます!

Unityで作成されたゲーム

下記のゲームは全てUnityで作成されています!

  • 『スーパーマリオラン』
  • 『白猫プロジェクト』
  • 『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』
  • 『ポケモンGO』
  • 『どうぶつの森ポケットキャンプ』
  • 『テラバトル』
  • 『崩壊3rd』

しろう
しろう
あなたもUnityを使いこなせば、上記のような有名ゲームを作ることができるかもしれません!

テックアカデミーのUnityコースで学べる知識・スキル

テックアカデミーのUnityコースで学べる知識・スキルは下記の通りです。

  • Unityを使い始める前の事前準備
  • プログラミング言語C#の基礎
  • バージョン管理の知識
  • Unityの操作方法
  • 2Dアプリの作り方
  • 3Dアプリの作り方

こんな感じで色々な知識やスキルを学ぶ事ができます!

流れとしては「Unityで開発するための準備をする」→「Unityに触れてみる」→「バージョン管理を学ぶ」→「C#の基礎を学ぶ」→「3Dアプリ2つ、2Dアプリ1つ作成」→「オリジナルゲームを作成」という感じです!

しろう
しろう
カリキュラムではUnityを学ぶために3つのアプリを教材に沿って作成します!

最初にちょっとUnityを触ってからC#の基礎を学び始めたり、実際にゲームを作りながらUnityを学んでいくので楽しく学習を進める事ができるはずです!

うわーこんな感じでゲームって作られるんだーとモチベーションはかなり高まると思います(*・ω・)ノ

テックアカデミーのUnityコースを受講して良かったこと

ここからはテックアカデミーのUnityコースを受講して良かったことについて書いていきます。

教材が初心者に優しい

ぶっちゃけ、Unityコースの教材内容は結構簡単だと思います。

僕はテックアカデミーの5つのコースを受講しましたが、その中でもUnityコースの内容は2番目ぐらいに簡単な方でした。笑

そもそもUnity自体がプログラミングなしでもゲームを作れるほど簡単にゲーム制作をできるようにしてくれているので、教材が簡単なのは当たり前かと思います。

しろう
しろう
簡単なので挫折する心配はほとんどなくて安心です!

メンターのレスポンスが早いから開発が捗る

テックアカデミーの全コース同じ事が言えますが、メンターの返信スピードが尋常じゃなく早いです。笑

下記の画像をみてもらえれば分かる通り、早い時だと1分以内に返信がきます。

遅くとも10分以内には返信がくるので、平均5分ぐらいで質問に対する回答がくるイメージです。

しろう
しろう
これだけ返信が早いと疑問がすぐに解決できるので開発がハイパー捗りますよ(*´ω`*)ノ

価格が安い

テックアカデミーはどのコースも価格が安いです。

下記画像を見てもらえればわかりますが、社会人なら8週間で20万円ほど。

テックアカデミーの料金表

また、8週間以上のプランなら早めに予約すれば『先割』が適用されて、8%割引になるのでかなり安くなります。

Unityコースなら8週間も受講すればその後は独学で自走することが可能なはずなので、20万円以下の料金でエンジニアへの道が開けると考えればかなり安いと思います。

しろう
しろう
僕もプログラミング学習に40万円ぐらいかけてますが、その分スキルアップできているので全く後悔はありません(*・ω・)ノ

割引については『【2020年最新】テックアカデミーの受講料を割引で最も安くする方法!【公式回答あり】』の記事をご覧ください。

Unityコースのイマイチだったところ

ここからはUnityコースを受講してイマイチだと感じたところを紹介していきます。

教科書がちょっと簡単すぎるかも

良い所でも言いましたが、Unityコースの教材内容はぶっちゃけかなり簡単です。

プログラミング全くの初心者で「ちょうどいい」ぐらいかと思います。

僕の場合は60時間ぐらい書籍や『Udemy』の教材で勉強してからテックアカデミーのカリキュラムに挑戦しましたが、簡単すぎたので爆速で終わらせました。笑

もっと難しいと思っていたので、少し物足りなさを感じてしまいました。

エラーの解決には時間がかかることがある

意味不明なエラーが出た場合もメンターの方に質問できるのですが、エラーを解決するまでに時間がかかることがあります。

しろう
しろう
僕は3日間ぐらいエラーの解決をするのに時間がかかりました。笑

メンターの方も色々とエラーの原因を探して、解決策を提示してくれるのですが、エラーの種類によっては中々原因が突き止められないことがあります。

コードのエラーとかならすぐ解決できるのですが、環境周りのエラーはかなり面倒なのです・・・

まぁこれは仕方のないことなので、イマイチな所というのは申し訳ないですが、一応お伝えしておきました。

オリジナルのアプリ(ゲーム)をリリースできるようなるのか

結論から言うと、きちんと学習していれば普通にオリジナルアプリをリリースすることはできるはずです。

基本的には「実装したい機能を考える」→「ググって実装方法を調べる」という手順でゲームは制作していきます。

なので最低限、ググった時に出てきた記事の内容を読み解けれるレベルの知識・スキルさえ身についていればオリジナルアプリのリリースは可能なはずです。

それでも実装方法がわからない時はメンターの方に聞けばOK。

しろう
しろう
時間さえ間に合えば確実にアプリをリリースできるはずです!

他社スクールのUnityコースとの比較

Unityを学ぶことができるプログラミングスクールは現在テックアカデミーの他は有名どころだと「侍エンジニア」ぐらいです。

そして、侍エンジニア塾の料金は下記の通り。

1ヶ月(168,000円)
3ヶ月(438,000円)
6ヶ月(698,000円)

見てもらえれば分かる通り、テックアカデミーに比べると少し割高となっています。

僕の意見としてはテックアカデミーで十分Unityを自走できる能力は身につくはずなので、安いテックアカデミーでいいと思います。

あと侍エンジニアって炎上したことがあったり、なんか口コミも微妙っぽいのであまりお勧めしません。

しろう
しろう
それにプログラミング スクール選びよりもどれだけ本気で学習できるかの方が大切です!

テックアカデミーのUnityコースまとめ

さて、これにてテックアカデミーのUnityコースについての感想は以上となります。

「Unityで自分の作りたいアプリをリリースできるようになりたい!」
「将来Unityエンジニアとして活動したい!」

このようなことを考えている方にとっては非常に有意義な時間を過ごせることは間違いないかと思います。

将来エンジニアとして活動できれば、プログラミングスクール代以上のリターンが返ってくることになるので、今のうちにプログラミングに自己投資をしておいて損はないと思います。

Unityコース公式サイトへ